フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

【沖縄県特化】沖縄での資金調達成功への近道!ファクタリング利用方法2022年版

ファクタリング

2022年4月12日

目次

2020年の1月に国内での感染者が報告されて以来、新型コロナウイルス感染症は日本経済に大きな影響を与え続けています。沖縄県にもその影響は大きく、それまで同様の資金繰りだけでは経営が厳しくなってしまったという経営者様も少なくはないはずです。そんな今だからこそ、利用すべきなのが「ファクタリング」です。本稿では中小企業向き資金調達方法と言われるファクタリングの概要から申込先の選び方まで、沖縄県の経営者様に知っていただきたい知識を解説させていただきます。

「沖縄における近年の地域経済の状況」

沖縄県の主要な産業は第三次産業であり、中でも観光産業が大きな割合を占めています。しかしコロナ禍の影響は大きく、2019年の観光客数を100%とすれば2020年は約37%、2021年はさらに落ち込み約30%まで低下してしまいました。今後コロナ禍が落ち着けば、Go To Travelなどの再開による回復も期待されますが、現状では先行き不透明と言わざるを得ません。観光産業以外の業種も同様に大きな影響を受けており、沖縄県の多くの事業者が資金繰りに苦労しているのが現実です。

「今を乗り切る」ための使いやすさと早さを併せ持つ資金調達方法の確保が急務

今現在、沖縄県で頑張る企業の資金繰りに必要なのは、今を乗り切るために役立つ融資以外の選択肢です。また中小企業や個人事業主も利用しやすい審査基準や、素早い現金調達を実現できる資金調達方法であることも望まれます。そして「ファクタリング」はそれらの条件を満たすことができる資金調達方法なのです。

沖縄県の経営者様におすすめしたい「ファクタリング」の概要と安全性

沖縄県で事業を行っている経営者様だけでなく中小企業の経営者様や個人事業主様の全てに対して、ファクタリングは資金繰りの大きな助けになる可能性が高い資金調達方法です。しかし本当に活用するためには、どのような資金調達方法かを理解しておくことが大切です。まずはファクタリングの概要と利用条件、そして安全性について解説させていただきます。

ファクタリング=売掛債権の売買契約

売掛債権をファクタリング会社と呼ばれる債権の買取業者に対して売却し、その際に手数料を支払って現金化する資金調達方法のことを「ファクタリング」と呼びます。この際の契約は法的には債権の譲渡(売買)契約となり、金融機関からの融資などとは全く違う資金調達方法となります。

ファクタリングを利用するための条件

ファクタリングを利用するためには「売掛債権を保有している」必要があります。これが唯一の絶対条件であり、売掛債権の存在を示すことができる書類などを提出できれば、多くの場合で利用対象となれます。しかしこれは売掛債権が発生していない状況での利用は不可能という意味にもなり、開業前の資金調達先としての利用は難しいと言わざるを得ません。

過去の取引実績などから確実に将来発生すると認められる場合(将来債権)は、ファクタリングに利用できる可能性はありますが、買取側のリスクが大きく実際に対応可能なファクタリング会社は沖縄県だけでなく全国で探しても稀です。

沖縄県でも注目を浴びているファクタリングの安全性

資金調達方法としてもっとも重要なのは「安全性」です。高いメリットを感じる資金調達方法だったとしても、違法性が高かったりトラブルに巻き込まれる危険が低くなかったりする選択肢は、沖縄県で新たな資金調達方法をお探しの経営者様も選ぶべきではありません。しかしファクタリングは国も認める法的根拠のある資金調達方法であり、安全性も確保されていますのでご安心ください。

金融庁も「資金調達の一手段」と認めている

日本の金融業に関するルールの制定や金融業者の管理監督を行っている「金融庁」は、ファクタリングを「事業者の資金調達の一手段」と認めています。またファクタリングが関係する裁判の中でも「売掛債権の売買契約」に違法性がないことを示す判例は幾つもあり、一般的なファクタリングは違法性がないと判断できます。

ファクタリングには民法上での法的根拠がある

ファクタリングの法的根拠を示すのは、民法の「第466条・第467条・第555条」です。第466条では「債権は、譲り渡すことができる」と記されており、第467条には「指名債権の譲渡の対抗要件」として、債権の譲渡が行われ債権者になったことを示す条件が記載されています。そして第555条には「売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを訳し、相手方がこれに対しての代金を支払うことを約すことによって、その効力を生じる」と書かれており、代金を支払い売買契約が締結されれば、売掛債権などの財産は売却できることが記されています。

『沖縄県の経営者様におすすめしたい「ファクタリング」の概要と安全性』まとめ

・ファクタリングとは手数料を支払い売掛債権の現金化を行う資金調達方法である
・売掛債権を保有しており存在の証明ができれば利用対象となれる
・金融庁も「資金調達の一手段」と認めている
・民法(第466条・第467条・第555条)が法的根拠となる

「売掛債権の売買契約」であるファクタリングは、国も資金調達方法の1つとして認めており法的根拠も存在していることから、沖縄県の経営者様も安全性に関して過剰な不安を感じる必要はありません。また売掛債権を保有していれば利用対象となれる可能性が高いという手軽さも、沖縄県の経営者様にとってメリットとなるのではないでしょうか?

ファクタリングによって沖縄県の経営者様が得られるメリット

安全性に関してファクタリングは問題のない資金調達方法ですが、安全な資金調達先として多くの経営者様がイメージするのは「銀行融資」のはずです。しかしファクタリングは銀行融資にはない多くのメリットを持つ資金調達方法であり、特に中小企業の経営者様や個人事業主様にとっては銀行融資以上のメリットがあるかも知れないのです。

債権の支払いサイトの悩みが解消できる

大企業を除く自己資金が潤沢とは言えない企業にとって、売掛債権の決済が行われるまでの資金繰りは絶えず続く悩みではないでしょうか?資金がショートしてしまった場合には赤字倒産となることも考えられますが、「売掛債権の早期現金化」を可能とするファクタリングを利用すれば、沖縄県の経営者様の多くが抱えるこの悩みが解消可能です。資金不足に陥りそうになっても、手持ちの売掛債権を売却することで資金を得ることができれば乗り切ることも難しくはなくなるはずです。

急ぎの資金調達にも対応可能

装置のトラブルや急な仕入費・人件費の増加などで急いで現金が必用になった際には、融資までに時間がかかりやすい金融機関からの借入は利用しやすいとは言えません。しかしファクタリングであれば急ぎの資金調達にも対応可能です。最短であれば即日で売掛債権を現金化することが可能ですので、時間がないと諦める前にファクタリングをご利用ください。また短期間で資金調達が完了できる選択肢を持っておくことは、沖縄県の経営者様にとって大きな安心感となるに違いありません。

金融機関からの融資よりも審査通過のハードルが低い

沖縄県の経営者様の多くも資金調達方法の第一選択肢として、「融資」をお考えではないでしょうか?しかし金融機関からの融資は高額資金調達も期待できるというメリットはあるものの、審査通過のハードルが高く利用が難しいという大きな問題を抱えています。これに対してファクタリングは「利用する企業の経営状況は審査に対して影響が小さい」のが特徴であり、債権の信用力が高ければ審査通過は難しくなく、金融機関の融資と比較して利用しやすい資金調達方法と言えます。

書類提出や手続きの負担が小さい

日本政策金融公庫は、中小企業が利用しやすい借入先として名前が挙がることも少なくありません。しかし創業計画書や事業計画書など資料作成に手間のかかる書類提出が必要であり、手続きを完了するまでの負担が大きいのが難点です。これは日本政策金融公庫に限ったことではなく、銀行など金融機関からの融資は手続きの負担が大きくなりがちです。ですがファクタリングの場合は、特別な資料作成が求められることはほとんどありません。売掛先との取引実績を示す書類や売掛債権の存在を証明する書類などの提出は必要ですが、手続きの負担は金融機関からの融資と比較して小さくて済みます。

決算書の改善効果が期待できる

売掛債権を担保とした融資ではなく売買契約であるファクタリングは、資金調達に活用しても負債額を増やしません。さらに債権を売却し得た資金を返済に当てることで資産のオフバランス化を推進させることができ、自己資本比率の向上などによって決算書の内容を改善させる効果も期待できるのです。

貸し倒れのリスク回避効果がある

売掛債権を用いた取引における大きなリスクの1つとして「貸し倒れ」があります。売掛先が倒産などして決済日になっても支払いを行うことができなくなった場合には、本来得られるはずの資金が手に入らず、資金繰りが苦しくなってしまう危険が高まります。しかしファクタリングによって売却した売掛債権に関しての責任は、原則的に売買契約が成立した時点で買取先に移ることから、沖縄県の経営者様がファクタリングを資金調達に利用することで、貸し倒れのリスク回避というメリットを得ることもできます。

『ファクタリングによって沖縄の経営者様が得られるメリット』まとめ

・決済日まで待たずに売掛債権を現金に変えることができる
・最短即日など素早い資金調達に対応可能
・審査通過しやすく手続きの負担が小さい
・企業価値を高める効果が期待できる
・売掛先の倒産による貸し倒れが回避できる

ファクタリングは融資による資金調達の問題点である、審査通過のハードルの高さや負債額の増加というデメリットが回避できる資金調達方法です。さらに最短即日で売掛債権が早期現金化できるなど資金繰りの負担を軽減する効果もあります。また決算書の改善によって企業価値が高められるなど、沖縄県の経営者様が魅力に感じる可能性の高いメリットを幾つも持っているのです。

沖縄県の経営者様がファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングは「手数料」と「買取不可能な売掛債権」に関する知識や「違法性の高いサービス」を知っておくことで、トラブルに巻き込まれる危険を大きく減らすことができます。安全に利用するために知っておいていただきたい3つの注意点をご紹介します。

手数料を規制する法律がない

売掛債権を売却する際には手数料が発生します。この手数料相場は「1%から30%」と言われており、売掛先の信用力などに大きく左右されます。また手数料を制限する、融資に対しての利息制限法のような法律がないため、高額な手数料を請求されたとしても即座に違法であるとは断定できません。納得できる手数料を提示されない場合には、諦めて契約するのではなく他社への乗り換えもご検討ください。

決済日が過ぎた売掛債権は買取りの対象外

ファクタリングは業種によって買取が拒否されることはほとんどありません。しかし買取を希望している売掛債権が決済日を過ぎた不良債権の場合は、売掛先の会社規模が大きく経営が順調だとしても、買取を拒否される可能性が高くなります。逆に売掛先が規模の小さな企業であっても取引実績が豊富で、決済日前の債権であれば審査に通過できる可能性は十分にあります。

違法性の高いサービスに注意

売掛債権の売買契約であるファクタリングでは、買戻しが求められたり手数料の分割払いができたりするなどの融資と判断される内容での契約は違法性が高くなります。貸金業を営むことができる場所であれば違法とはならない可能性はありますが、融資商品をファクタリングと名乗る必要はあまりありません。融資と判断される契約内容を求めてくるファクタリング会社の多くには、「ヤミ金融」が関係しており注意が必要です。

『沖縄県の経営者様がファクタリングを利用する際の注意点』まとめ

・妥当性の低い手数料が提示された場合は他社へ乗り換えることも必要
・決裁日を過ぎた不良債権は原則的に買取不可
・貸金業登録を行わず融資に該当するサービスを行っている場所は危険

ファクタリングを利用する際には手数料の妥当性に注目が必要です。高額な手数料を提示してくるファクタリング会社は優良売却先とは言えず、ヤミ金融が関係する違法に融資を行っている場所である危険も高くなります。手数料や契約内容に少しでも危険を感じた場合は、一度利用を踏みとどまってみることも大切です。

契約方法(2社間・3社間)の違い

ファクタリングの契約方法は売掛先へ通知を行うか否かで、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」に分けられます。2つの契約方法はメリットが大きく違い、それぞれに違った注意点があります。

2社間ファクタリングの概要・メリット・注意点

売掛先に対して、債権がファクタリング会社に譲渡されることを告げずに売買契約を行うのが「2社間ファクタリング」です。この契約方法では元々の債権者と、譲渡先となるファクタリング会社の2社のみで契約を行います。

・契約に必要な時間が短くて済む
・売掛先との関係性への影響が小さい
・手数料が3社間ファクタリングよりも高め

2社間ファクタリングを利用する最大のメリットとなるのは、債権現金化に関するスピードです。売掛先への通知などが不要になる分、手続きが簡略化でき最短即日での買取も期待できるようになります。またファクタリングの利用が売掛先との関係性へ悪影響が出ることを危惧される場合も、通知が不要な2社間での契約なら安心です。ただし手数料に関しては3社間ファクタリングよりも高くなることが多いため注意が必要です。

3社間ファクタリングの概要・メリット・注意点

元の債権者(ファクタリングを利用する企業)・売掛先・ファクタリング会社の3社で契約手続きを進めるのが3社間ファクタリングです。

・手数料が低くなりやすい
・審査通過の可能性が高くなる
・債権現金化に数日から1週間程度が必要

3社間ファクタリングは手数料の低さが魅力です。また売掛先からの承諾を受けての買取となることで、トラブルが発生しにくくなると考えられることから審査通過の可能性も高まります。ただし即日買取は期待しにくく、数日程度の期間が必要になると考えておく必要があります。

『契約方法「2社間・3社間」の違い』まとめ

・素早い資金調達や売掛先との関係性を考慮するなら2社間ファクタリング
・低い手数料と高い確率での審査通過を目指すなら3社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは相反する特徴を持っています。しかし資金調達に時間がかかる可能性が高い3社間ファクタリングでも、1週間以内に債権が現金化できる可能性は高く融資などと比較して優秀です。また審査通過のしやすさも、どちらの契約方法を選んでも融資より利用しやすい期待が高いのも間違いありません。

沖縄県で利用できる安心・安全なファクタリング会社の特徴

ファクタリングの概要や利用するメリット、契約方法の違いを理解していただいた沖縄県の経営者様は、ファクタリングに興味を持っていただけたかも知れません。しかし利用する際に最も重要なのは「安心・安全なファクタリング会社を選ぶ」ということです。ここからは沖縄県の経営者様に選んでいただきたい、安心で安全なファクタリング会社の特徴をご紹介します。

手数料や諸費用が明確で不当に高額でない

手数料や必要な諸費用の情報が不明確なファクタリング会社は、高額な手数料を請求してくる危険があります。もちろん実際に適用される手数料は審査を受けてみなくてはわかりません。しかし手数料の範囲や必要となる諸費用の有無など、なるべく多くの情報を公開している場所の方がより安心感が高いのは事実です。もし審査が終わった後も詳細な明細が提示されないのであれば、利用を中止することもご検討ください。

即日での債権買取が期待できる

銀行融資や日本政策金融公庫などからの資金調達と比較して、ファクタリングが優れているポイントの1つが「資金調達スピード」です。中でも即日買取に対応しているファクタリング会社は対応が素早く、沖縄県の経営者様の時間を無駄に消費することがありません。特に資金調達を急いでいないとしても、素早い対応が期待できる場所を選ぶ意味はあるのです。また継続利用を考えた場合でも、即日買取が実現可能であることはプラスに働くはずです。

出張対応とオンラインファクタリングの両方が利用可能

インターネットの普及により様々なサービスがWeb上で完結できるようになりました。ファクタリングに関しても、クラウドファクタリングと呼ばれるWeb上で契約手続きまで完了できるサービスが生まれており非常に便利です。しかし可能であれば、クラウドファクタリングだけでなく、沖縄県まで主張対応可能なファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。何か相談したいことが発生した時に対面で会話ができるのは、大きな安心感に繋がります。

十分な運営実績がある

2020年に民法が改正され、債権譲渡禁止特約が付与されている債権も売却が可能となったことで、沖縄県でも資金調達に利用する企業だけでなくファクタリング会社の数も大きく増加しました。しかしこれは運営実績の短いファクタリング会社が多く存在するという新たな問題にも繋がっています。買取やサポートに関するノウハウ豊富なファクタリング会社を選ぶことでスムーズな取引が実現できることから、十分な運営実績のあるファクタリング会社をお選びになることをおすすめします。

『沖縄県で利用できる安心・安全なファクタリング会社の特徴』まとめ

・手数料に妥当性があり不明瞭な費用請求がない
・最短即日での買取が期待できる
・出張対応とオンライン対応の両方が可能
・信頼できるだけの運営実績がある

上記したポイントを抑えたファクタリング会社は、沖縄県の経営者様にとって安心で安全な売掛債権の売却先である期待が高くなります。ファクタリングは同じ場所の利用回数が増えることで手数料の引き下げなどが期待できます。納得できない場合は乗り換えを行うべきですが、長く付き合える場所を選ぶメリットは小さくありません。

弊社ファクタリングサービスのご紹介

・手数料は業界最低水準!手数料以外の請求なし
・全国出張対応&オンライン契約可能
・必要書類は「通帳コピー・身分証・請求書」のみ(※状況により追加の書類提出が必要な場合あり)
・2007年設立による豊富な運営実績

最後に弊社のファクタリングサービスについてご紹介させていただきました。他社ご利用中で乗り換えをご検討であれば、現在の手数料を提示していただくことでより低い手数料を提示させていただきます。また債権譲渡登記の留保なども可能であり、沖縄県の経営者様のご希望にできる限り応えさせていただきます。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top