フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

オンライン完結のファクタリングは最速の資金調達方法?早さの理由と特徴を解説

ファクタリング

2022年5月9日

資金調達方法に求められる要素は「審査通過のしやすさ」や「資金調達後の負担の小ささ」など幾つかありますが、「早さ」もその一つに違いありません。ファクタリングは中小企業や個人事業主も利用しやすく、融資のように返済に追われる危険のない資金調達方法ですが、さらに「最短即日」で現金を手にすることもできます。そんなファクタリングの中でも「オンライン完結」は最速とも言える早さで資金調達を行うことが可能です。本稿では「オンライン完結型ファクタリング」の早さの理由と特徴に焦点を当てて解説させていただきます。

「ファクタリング」の概要・特徴

一般的にファクタリングとは、債権買取を業務として行っている場所(ファクタリング会社)に対して売掛債権を売却し現金化する資金調達方法のことを指します。金融庁はファクタリングについて「債権を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス」と定義しており、「事業者の資金調達の一手段」とも明言しています。

「売掛債権の売買(譲渡)契約」による資金調達方法

金融庁のサイトには、ファクタリングは「法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。」とも記載されています。さらにファクタリングと名乗りながら経済的に貸付けと同様の機能を有していると判断されるサービスを、貸金業を営むことを認められていない業者(ヤミ金融)が行うことに対しての注意喚起も行っています。これらの情報によって、ファクタリングと融資が大きく違う資金調達方法であることも証明されています。

ファクタリングのメリット

・期日前に債権を現金化できる
・経営状況が芳しくなくとも利用できる
・利息が発生しない(負債を増やさない)
・担保も保証人も不要
・「最短即日」で資金調達ができる

上記したのは、ファクタリングを利用する際の主なメリットです。経営状況に関わらず、信用できる売掛先の債権を保有していれば利用できる可能性が高いなど、ファクタリングは中小企業や個人事業主にとって利用しやすい資金調達方法です。

ファクタリングの注意点

・手数料が必要
・開業前の利用は実質的に不可能
・個人事業主利用不可の可能性がある

ファクタリングを利用するにはファクタリング会社に支払う手数料が必要です。この手数料は法的な規制がなく、妥当性のない高額な手数料を提示された場合は利用してはなりません。また売掛債権を保有していることが必須条件ですので、開業前の利用は現実的ではありません。一部のファクタリング会社では利用対象が「法人のみ」となっていますので、個人事業主の方は申込み前に確認しておくことをおすすめします。

オンライン完結型ファクタリングとは?

オンライン完結型のファクタリングは「クラウドファクタリング」などとも呼ばれることがあり、申込から書類提出、面談や契約手続きなどの全てがオンラインで完了できるサービスのことを指します。オンライン完結型のファクタリングは、即日資金調達が可能などこれまでにご紹介した通常のファクタリングで得られるメリットを持っているだけでなく、これからご紹介するようなオンライン完結型だからこそのメリットも兼ね揃えているのです。

オンライン完結型ファクタリングは即日を超える早さ

通常のファクタリングでも最短即日での債権買取が可能であり、申込を行った当日に現金を受け取れる可能性はあります。この早さはビジネスローンなどの一部商品を除けば、金融機関からの融資では実現の難しいスピードです。しかしオンライン完結型のファクタリングを利用すれば、このスピードはさらにアップします。1時間を切る抜群のスピード感での資金調達も不可能ではなく、「最短即日」よりもさらに高速で現金を手に入れることができるのです。

オンライン完結型ファクタリングの流れ

Webで手続きが完結できるオンライン完結型ファクタリングであっても、手続きの流れそのものは通常のファクタリングと大きな違いはありません。しかし手続きの内容や行い方には違いがあり、その違いがオンライン完結型を利用するメリットにもなります。

申込みは24時間365日Webからいつでも行える

オンライン完結型のファクタリングはWebからの申込によって手続きがスタートします。申込手続きは24時間365日いつでも行うことが可能であり、ファクタリング会社の営業時間を気にすることなく、思い立った時に気軽に申込みが行えます。手続きにはインターネット環境とスマホやパソコンがあればOKという手軽さもメリットです。

書類提出・面談もオンラインでOK、来店も郵送も不要

ファクタリングの審査を受けるには請求書などの必要書類を提出しなければならず、必要書類が揃うまでは審査がスタートできない可能性があります。実は書類提出がスムーズに行えないことが、資金調達に必要な時間を長引かせる原因となることも少なくはないのです。しかしオンライン完結型のファクタリングではメール添付などの方法で書類提出が可能です。

来店や郵送よりも短時間で書類の提出を完了させることができるのが、即日を超える早さの実現に大きく貢献しているのは間違いありません。また面談もZOOMなどを利用してオンラインで行える場所が増えています。

AI審査によって結果が早く出る

オンライン完結型ファクタリングでは、審査にAIを採用している場所が少なくはありません。AIによる審査は人が行う審査よりも素早く終わるだけでなく、審査結果にブレが生じることもありません。担当者との相性などを気にする必要がないというのも、状況次第ではメリットになるはずです。

電子契約で手間いらず

電子契約とは紙の上での手続きを必要としない契約方法であり、「電子サイン」や「電子署名」という2種類の方式があります。オンライン完結型ファクタリングでも電子契約が採用されており、対面での手続きを省きながらも安全性が保証された契約手続きを行うことができます。

手数料の引き下げも期待できる

オンライン完結型のファクタリングは、利用する側にとっては1時間を切る早さでの即日資金調達の実現などのメリットがありますが、ファクタリング会社にとっては「人件費の削減」というメリットがあります。そして削減された人件費は利用者側に対して手数料の引き下げという形で還元されることになります。早さだけでなく安い手数料を求めている場合にも、オンライン完結型ファクタリングを選ぶ意味はあるのです。

買速の「スピード特化クラウドファクタリング」のご紹介

弊社「買速」では、即日など少しでも早い売掛債権の売却を希望される経営者様に最適な、「スピード特化クラウドファクタリング」を提供させていただいております。他社のオンライン完結型ファクタリング以上の満足感を得ていただける弊社のサービスを、ご紹介させていただきます。

資金調達完了まで「最短30分」

買速の「スピード特化クラウドファクタリング」では最短即日を遥かに超える「最短30分」での債権買取が実現可能です。もちろんオンライン完結型のファクタリングであり、オンライン申込から口座振り込みまでに必要な時間が最短30分となっています。資金調達をお急ぎの場面でも、ファクタリング業界最速のスピードで買取を行わせていただきます。

少額債権から高額債権まで対応

買取可能な債権の額は「10万円から1億円」となっており、幅広い額の債権に対応することが可能です。少額債権の買取を得意とするファクタリング会社や高額債権に対応できる場所は存在していますが、買速は少額・高額問わずに買取させていただきます。

買取手数料も業界最安水準

安い手数料が期待できるのがオンライン完結型ファクタリングの魅力の一つですが、買速の手数料は「2%から10%」と業界最安水準となっております。下限の手数料が低いだけでなく、上限も低いことで安心して利用していただけます。

必要書類は3点のみ

お客様にご用意していただく提出書類は、基本的に「通帳コピー・身分証・請求書」の3店のみでOKです。複雑な書類の作成や数多くの書類提出が不要なことも、最短30分での買取が行える理由の一つです。

「クラウドサイン」による契約だから安心安全

契約手続きは国内最大のシェアを誇り導入社数が30万社以上である「クラウドサイン」を採用しています。電子契約に馴染みのない経営者様も、様々な企業や自治体で採用されているクラウドサインであれば、安心安全に契約手続きを行っていただけます。

個人事業主歓迎・債権譲渡登記も留保

弊社のファクタリングサービスは法人のみが対象ではなく、個人事業主やフリーランスなど企業規模に関わらず利用していただくことが可能です。さらに2社間ファクタリング利用時に必要になることがある債権譲渡登記も基本的に不要となっており、登記費用と資金調達までの時間を節約することができます。

即日での資金調達にはオンライン完結型ファクタリングが最適

弊社の「スピード特化クラウドファクタリング」を含めたオンライン完結型のファクタリングは、即日での資金調達に成功できる可能性が高く、手続きの手間や手数料などの負担も小さくて済むサービスです。資金調達をお急ぎの際はもちろんですが、早さ以外のメリットも数多いオンライン完結型ファクタリングをぜひご活用ください。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top