フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

ファクタリングですぐに資金調達できる!利用する際のポイントを解説

ファクタリング

2022年4月7日

売上の入金が必要経費の支払いに間に合わないとき、すぐに不足分の資金調達をするのは容易ではありません。
「資金繰りに大きな影響を及ぼす前に何とかしたい」そんな企業・事業主へおすすめしたいのがファクタリングです。
この記事では、ファクタリングが短期間での資金調達におすすめの理由と、活用のポイントを紹介します。
ファクタリングの信頼性について、法的整備の観点から説明もしますので、検討される方はぜひ参考にしてみてください。

すぐに現金がほしいならファクタリングがおすすめ

ファクタリングとは、売掛債権の買取サービスです。
債券をファクタリング会社に売却し、手数料を引いた買取金額が指定口座に振り込まれ、事業主は売掛金の決済日より前に現金を受け取れます。
後日、取引先から支払われた売掛金が、ファクタリング会社に入金となれば取引は完了です。
ファクタリングの主な特徴は、担保や返済が必要ない点といえます。
また、個人事業主でも即日で資金調達できる点もファクタリングの大きな魅力です。

担保がいらない

ファクタリングは、売掛債権における売買契約です。
契約の際に審査はありますが、銀行融資のような不動産担保は必要ありません。
担保の選定・精査に時間がかからない点がファクタリングの特徴です。
言い換えれば、審査に通れば素早く入金されるシステムといえます。
担保として十分な価値を持つ不動産を持たない方でもファクタリングなら利用可能です。
不動産担保に依存しない資金調達方法のファクタリングは、経済産業省も推奨するサービスとなります。

返済が必要ない

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい現金を得る方法であり、借り入れとは異なります。
よって、返済義務や金利が発生しません。
資金繰りが苦しい状態で資金調達する場合、返済が大きな負担となるケースがありますが、ファクタリングならその点に関しては心配が不要です。
また、ファクタリングを利用しても信用情報に影響はないため、借り入れとは異なり、会社に悪影響を及ぼすことが基本的にはありません。

個人事業主も即日で資金調達できる

法人と異なり、経営規模が小さく、十分な担保を持たない個人事業主だと金融機関からお金を借りれない場合があります。
一方で、ファクタリングなら個人事業主でもファクタリング会社によっては即日での資金調達が可能です。
ただし、売掛先が個人事業主の場合は審査に通らない可能性が高いため注意しましょう。
個人事業主でファクタリング利用を検討している方は、個人事業主の取引に対応している業者を選ぶ必要があります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには、

・事業主(ファクタリング利用会社)とファクタリング会社の2社間契約
・事業主、ファクタリング会社、取引先(売掛先)の3社間契約

上記2種類の契約方法があります。
早期現金化を目的にファクタリングを検討しているなら、2社間・3社間の違いを理解しておきましょう。

最短即日は2社間ファクタリング

2社間ファクタリングと違い、3社間ファクタリングでは、取引先に売掛債権の譲渡があったことを通知し、承諾を得る必要があります。
利用する目的を説明し、承諾書への署名・捺印を求めなければいけません。
決済の手続き、取引先へ出向く日程の調整も含め、即日での現金受け取りは難しいでしょう。
その点、2社間ファクタリングには、取引先に関わる手続きがありません。
現金化までの時間を大幅に短縮し、最短即日〜3日以内の調達も可能です。

時間に余裕がある場合は3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの特徴は、手数料の相場が2社間ファクタリングに比べて低い点です。
2社間ファクタリングの手数料相場が10〜20%であるのに対し、3社間ファクタリングでは1〜5%。取引先が関わる契約のため、ファクタリング会社が直接、売掛金を回収します。
その分貸倒リスクが軽減され、手数料相場が低く設定されているのです。
現金を必要とする期日まで余裕があり、手数料をできるだけ抑えたい場合は、3社間ファクタリングを活用してみてください。

すぐに現金化できるファクタリングは怪しい?

「担保もいらず、審査も比較的緩い」と聞くと、売り手企業にメリットばかりで不安に思う方もいるでしょう。
近年では、需要が高まっているファクタリングですが、一般的な資金調達方法に比べて認知度はまだ低いといえます。
そこで、ファクタリングが安全なサービスかどうかみていきましょう。

経済産業省が活用を推奨

ファクタリングは、より気軽な資金確保の手段として経済産業省が推奨する調達法です。
とりわけ中小企業や個人事業主向けに、資金繰り悪化のリスク、取引先の貸倒リスクに備えられる観点から、利用促進がおこなわれているのです。
「債権譲渡登記制度」や「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律」が施行され、ファクタリングに関する法的整備が進み、今後のさらなる拡大が予想されます。

債権法の改正

ファクタリングの利用促進の法的整備として、2020年4月1日になされた債権法改正は、債権を用いた資金調達の手続きを、より手軽で柔軟なものにしています。
経済産業省発行の「債権法改正により資金調達が円滑になります」によると、改正以前は、契約に付された「譲渡制限特約」により債権譲渡が無効にされ、債権の売り渡しや債権を担保にした融資など資金調達の手続きを妨げていました。
しかし、改正によって特約が付されていても原則有効となり、債権による資金の調達がおこないやすくなります。

債権売却への解釈

売掛債権売却によって、取引先から資金繰りが厳しいのかと疑われたり、契約自体が解除されたりするのではと懸念する事業主もいます。
この懸念に対し法務省からも、「資金調達目的での債権譲渡については、契約の解除や損害賠償の原因とはならない」「譲渡されても特段の不利益はないにもかかわらず、取引の打切りや解除を行うことは、きわめて合理性に乏しく、権利濫用等に当たり得る」と、解釈が出され、債権活用を後押ししているのです。
ファクタリングは資金運用にメリットがあり、国も推奨する資金調達法といえます。
参照:経済産業省「債権法改正により資金調達が円滑になります」

違法な業者に注意

ファクタリングのメリットを最大限生かすには、信頼できるファクタリング会社の選定が大切です。
契約前は担当者と面談し、信頼できる業者か判断しましょう。
面談を嫌がったり、HP上と実際の住所が異なったりする場合、公正さに欠ける会社かもしれません。
契約に際しては、

・不明な点はきちんと質問して説明を受ける
・契約書の控えを受け取る(渡そうとしない場合は怪しい)
・一方的に不利な契約になっていないか確認する

上記のポイントを抑えておきましょう。
闇金融業者と契約し、高額な手数料を支払えば、多重債務に陥る危険性もあります。
信頼できる会社かどうか確認しておくことが大切です。

ファクタリングですぐに資金調達するためのポイント

短期間(最短即日)での現金化を希望する場合は、2社間ファクタリングの活用に加えて、いくつか気を付ける点があります。
それでは、ファクタリングで即日現金化を目指す際のポイントをみていきましょう。

ファクタリング会社の実績を確認しておく

ファクタリング会社の選定をする際は、2社間ファクタリングの取扱会社であるか、最短即日の実績があるかといった点を確認しましょう。
ファクタリング会社によって、入金スピードは異なります。
2社間ファクタリングの場合だと、即日〜3日ほどが一般的です。
一刻も早く資金を得たい場合には、即日入金に対応しているファクタリング会社を選びましょう。
ただし、ホームページに最短即日と記載があっても、実際に入金されるのは2~3日後であるケースも少なくはありません。
どれほどの取引をおこなっており、実際に即日入金しているのか見極める必要があります。
また、自社と同じ業界での取引実績があると、審査手続きもスムーズです。

ファクタリングの審査基準を把握しておく

ファクタリングの主な審査基準は、以下の3つです。

・売掛金の請求先と継続的な取引があるか
・支払いの遅れ、未払いがないか
・支払サイトが長くないか

取引先への信頼度、売掛債権の信用力の高さがファクタリング利用では重要です。
未回収リスクが低い債権を選ぶことで、審査に通りやすくなります。

必要書類を揃えておく

必要書類をあらかじめ揃えておくことで、申し込みから契約までの時間を短縮できます。
ファクタリングの審査で必要な書類は、主に以下の6つです。

本人確認書類
商業登記簿謄本
印鑑証明書
決算書または確定申告書
入出金通帳(WEB通帳も可)
基本契約書・売買契約書・請求書

利用する会社によって必要書類は異なるので、問い合わせをして確認し、早めに準備を進めてください。

買取希望額に対応している業者を選ぶ

ファクタリング会社によって、利用可能額が異なります。
下限額1万円の業者もいれば、500万円以下の取引は扱っていない業者もいるため、自社の買取希望額に対応しているファクタリング会社を選びましょう。
個人事業主の場合は、1~10万円から取引できるファクタリング会社を選ぶと手続きがスムーズです。
なお、ファクタリング会社によっては、買取可能額に制限がない場合もあります。

オンライン完結できるファクタリング業者を選ぶ

最短即日で入金しているファクタリング会社の多くが、オンライン完結できるサービスを提供しています。
申し込みから入金まで、すべての作業をオンライン上でおこなえるため、対面での契約に比べて時間がかかりません。
なお、即日対応しているファクタリング会社のなかにも対面での審査や契約が必要な場合もあります。

当日の午前中までにおこなう

即日現金化を目指すなら、当日の午前中までに申し込みをしてください。
留意すべきは、最短即日と掲げていても、債権の見積もり次第で時間がかかる点です。
現金が手元にほしい期日ギリギリにならないよう、早めの行動を心がけましょう。

ファクタリングで資金調達する際の注意点

ファクタリングは素早い資金調達が可能なサービスですが、いくつかの注意点が存在します。
それでは、ファクタリングを利用する際に覚えておくべき注意点をみていきましょう。

必ず即日でお金を得られるわけではない

即日対応しているファクタリング会社でも、必ず審査に受かるとは限らず、想定より資金調達までに時間がかかってしまう場合もあります。
審査に落ちてしまうと、即日での現金化ができません。
もし、審査に落ちてしまった場合には、必要書類を再提出したり、ほかの売掛債権で申し込みしたりする必要があります。
審査に通った場合でも、申し込みの時間帯によっては翌日に入金される場合があるため注意しましょう。

売掛先の職種によっては利用できない

ファクタリングの審査では、売掛先の信用度を確認します。
売掛先が公的機関や大手企業である場合には何も問題ありません。
しかし、法人として経営しており、ある程度の規模である会社でも、風俗系やギャンブル系の職種だと、社会的信用度が低いため審査に落ちるでしょう。
スムーズにファクタリングを利用するためにも、ファクタリング会社が信用してくれる売掛債権を用意していく必要があります。

事前に会員登録が必要な場合がある

ファクタリング会社のなかには、事前に会員登録が必要な場合があります。
即日入金を目指すなら、利用するファクタリング会社が会員登録を必要としているか確認しておく必要があるでしょう。
なお、会員登録の際に本人確認をおこない、その段階で利用を拒否される場合もあります。

すぐに資金調達したいならファクタリングを活用しよう

この記事では、ファクタリングが短期間での資金調達におすすめの理由と、活用のポイントを紹介しました。
ファクタリングは、審査さえ通れば入金される、スピード重視の資金調達法です。
2社間ファクタリングで時間を重視するか、3社間ファクタリングで手数料を抑えるか、事業に適した契約方法を選び、資金繰りに役立ててみてください。
メリットを最大限に生かすには、必要書類の作成・取得、売掛債権の選定など、現金が必要になる期日に間に合うように、前もっての行動が大切です。
ファクタリング会社の選定には、数社見積もりをして相場を確かめましょう。
ファクタリングは経済産業省が推奨する、借入に依存しない柔軟な資金調達法ですが、取り扱う会社がすべて公正とは限りません。
すぐに現金化したいと焦ってトラブルにつながらないよう、必ず面談し、信頼できる会社を利用しましょう。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top