フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

ファクタリングと投資の関係性とは?資金調達方法として利用すべき理由を解説

ファクタリング

2022年2月1日

ファクタリングは、資金繰りが苦しい場合に利用されることが多いサービスです。
しかし、投資を目的としてファクタリングを利用する場合もあります。
投資は企業の成長に欠かせませんが、資金不足でなかなか行動に移せない会社も少なくないでしょう。
この記事では、ファクタリングを投資に利用すべき理由や注意点を解説します。
投資の資金調達方法で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリングと投資の関係性とは?

会社がおこなう資金調達方法として、銀行融資が一般的です。
しかし、銀行融資は資金用途が厳しいため、投資に利用できない場合もあります。
そこで、利用するべき資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングなら、銀行融資と異なり資金用途に制限がないため、投資にも利用できます。
それでは、ファクタリングと投資の関係性を見ていきましょう。

投資を目的としたファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、手数料を差し引いた金額を受け取る資金調達方法です。
ファクタリングは、支払期日より前に売掛金を現金化できるため、一般的には手元の資金が不足している場合などに用いる資金調達方法といえます。
一方で、投資を目的としたファクタリングでは、早期に現金化した資金を元手に、投資することで業績をさらに伸ばすことが可能です。
ただし、ファクタリングの利用には手数料が発生するため、手数料以上のリターンが見込めるものに投資する必要があります。

ファクタリングを投資の資金調達に利用すべきケース

投資すると得られるリターンが大きいけど、手元の資金が不足している場合、ファクタリングは利用すべきといえます。
銀行融資は審査が厳しく、資金を得るまでに時間がかかりますが、ファクタリングなら最短即日での資金調達が可能です。
したがって、ファクタリングを利用すれば投資したい日に必要な資金を準備できます。
ファクタリングを利用するなら、経営状態が安定しているタイミングがよいでしょう。
なぜなら、ファクタリングを利用すると手数料を差し引かれてしまうため、売掛債権の額面より受け取る金額が少なくなります。
本来受け取るはずの金額より少なくなるため、無計画にファクタリングを利用すると、キャッシュフローを悪化させる原因になる可能性があります。

ファクタリングが投資の資金調達に向いている理由

ファクタリングが投資の資金調達に向いている理由は、以下の4つです。

1. 最短即日で資金調達ができる
2. 銀行融資より審査が緩い
3. 資金の使い方に制限がない
4. 返済が必要ない

ファクタリングは、経済産業省も推奨するサービスです。
欧米では昔から利用されていましたが、日本ではバブル崩壊後から徐々にファクタリングへの関心が高まりました。
そんなファクタリングが投資の資金調達に向いている理由を見てみましょう。

最短即日で資金調達ができる

ファクタリングは、最短即日で現金を得られるため、少しでも早く資金調達したい方におすすめのサービスです。
ファクタリングには、自社とファクタリング会社で取引する2社間ファクタリングと、売掛先も加わる3社間ファクタリングがあります。
3社間ファクタリングの場合は、売掛先の承認が必要なため、資金調達までかかる日数は2週間~1カ月ほどです。
一方で、2社間ファクタリングなら売掛先の承認が不要なため、即日での利用が可能な場合もあります。
審査に数日から数週間ほどかかる融資に比べて、よりスピーディーに資金調達できるのがファクタリングです。

銀行融資より審査が緩い

ファクタリングの審査対象と融資の審査対象は異なります。
よって、銀行融資では審査に通らなかった場合でも、ファクタリングなら利用できる場合があるでしょう。
銀行融資の場合、申請した会社の経営状態や過去の取引実績などをもとに、厳しい審査がおこなわれます。
一方で、ファクタリングの場合は、売掛先の信用度が主な審査対象です。
つまり、自社の実績や信用度が低くても、売掛先の信用度が高ければファクタリングの審査に受かる可能性があります。
基本的に必要な書類を提出し審査を受けるだけでファクタリングを利用できるため、融資に比べて手間もかかりません。

資金の使い方に制限がない

会社の経営状態が悪い場合、投資を目的として融資を申請しても、受けられない可能性があります。
銀行融資は、会社の過去3年分の決算書や事業計画書がお金を貸すか判断する材料です。
よって、会社の財務状況によっては融資を受けられない場合があります。
さらに、資金用途を投資以外で申請した場合、得たお金を投資に利用できません。
一方で、ファクタリングの場合は、得た資金の使い道の説明が不要です。
投資や資金ショートの対策など、臨機応変に資金調達したお金を利用できます。

返済が必要ない

ファクタリングは融資と異なり、借り入れではありません。
借り入れの場合、返済義務が発生するため、毎月一定額を借入先に支払う必要があります。
返済には、利息が発生するため支払総額が増えるだけでなく、手間もかかるため、支払い忘れなども起こり得るでしょう。
一方で、ファクタリングは借り入れではないため、返済が不要です。
したがって、毎月支払う作業や管理する必要がないため、融資に比べて手間がかかりません。

ファクタリングを投資目的で利用する際の注意点

ファクタリングを投資に活用すると、さまざまなメリットがある反面、注意すべきポイントが2つあります。

1. 手数料が融資より高い
2. 資金繰りを悪化させる場合もある

注意点も理解したうえで、投資にファクタリングを利用するか検討してみてください。

手数料が融資より高い

ファクタリングは融資に比べて、手数料が高めです。
前述したとおり、ファクタリングでは手数料を差し引いた金額を受け取ります。
手数料が高い分、受け取る金額が少なくなるため、投資によって期待できる利益を考慮して利用を検討する必要があるでしょう。
さらに、ファクタリングは貸金業に該当しないため、貸金業法に従った上限内の手数料を設定する必要がありません。
悪徳業者に依頼してしまうと、法外な手数料を請求される可能性もあるため、ファクタリングを利用する際は依頼する会社が信頼できるか確認しましょう。

資金繰りを悪化させる場合もある

計画性がないファクタリングの利用は、資金繰りを悪化させる場合があるでしょう。
ファクタリングを活用すれば、一時的にはキャッシュフローが改善できますが、本来受け取るはずの収入が減ってしまいます。
資金調達の必要性をよく考えたうえでファクタリングを利用しなければ、逆に資金繰りを悪化させるため計画性が重要です。
自社の状況に応じて、ファクタリングを資金調達方法のひとつとして検討してみましょう。

ファクタリングは投資の資金調達方法に適している

この記事では、ファクタリングを投資に利用すべき理由や注意点を解説しました。
ファクタリングを利用すれば素早く現金を得られるため、投資の資金調達方法に適しています。
融資のような厳しい審査もなく、借り入れではないため返済も不要です。
経営において、迅速な意思決定は重要といえるため、投資をしたいタイミングで現金を得られるファクタリングもぜひ検討してみてください。
買速は、 設立15年目となる実績と信頼があるファクタリング会社で、オンライン上で買取金額を約30秒で査定できます。
手数料以外の費用が一切かからず、最短で即日振込にも対応。
オンライン上で手続きが完結するシステムを導入しているため、気軽にファクタリングを利用できます。
ファクタリングの利用を検討している方は、お気軽にお問い合わせください。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top