フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

ファクタリングは土日も利用可能?土日に手続きするメリットと注意点は?

ファクタリング

2022年4月26日

忙しい経営者様は平日も事業に追われ、ファクタリングによる資金調達の手続きに割く時間が作れないかも知れません。会社が休みの日になら少しの時間が作れるとしても、ファクタリング会社側が土日に対応可能でなくては手続きを行うことはできません。本稿ではファクタリングを土日に利用するメリットと注意点を中心に、忙しい経営者様の資金調達のヒントになる情報を解説させていただきます。

ファクタリングは土日も利用可能?

結論としては、ファクタリングは土日にも利用可能です。ただし利用できる範囲は各社違いがあり、土日はまったく対応できない場所もあれば、買取まで実行できるファクタリング会社も存在しています。単純に考えれば、いつでも対応が期待できる場所を選ぶべきとなりますが、サービス内容の違いなどもあり対応可能なタイミングだけで判断するのはおすすめできません。

土日に買取対応が可能なファクタリング会社は多くはない

土曜日や日曜日、または時間を問わずに売掛債権の売却が可能なファクタリング会社があれば、資金調達を行う上で頼りになる可能性が高いのは確かです。しかし自由なタイミングで債権の買取を行ってくれるファクタリング会社はそう多くはありません。また買取手続きができるとしても、実際に振込みが行われるのは週明けになってしまうことも考えられます。

「買速」のファクタリングはWebからの申込みを24時間365日受付中

弊社、ファクタリングの「買速」はWebからのお問い合わせやお申込みを24時間365日受付中です。買取金額が30秒でわかる「買取金額オンライン査定」や他社ご利用中の企業様向けの「乗り換えシミュレーター」もいつでもご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

土日対応可能なファクタリング会社を選ぶメリット

申込みのみや契約手続きまでなど、土日に対応可能となっていても対応範囲はファクタリグ会社によって変わります。しかし得られるメリットの内容そのものには大きな違いはありません。土日対応可能なファクタリング会社を利用する3つのメリットをご紹介します。

空き時間を利用して手続きが進めやすい

土日対応が可能であれば、平日は仕事に追われているという経営者様も休みの日の空き時間を利用しやすくなります。また土日も仕事であっても、24時間Webからの申込みが可能な場所を選べば、手続きが始めやすいはずです。土日対応ができたり、いつでも申し込みができたりするファクタリング会社は、自分のペースで手続きが行いやすい場所と言えます。

短期間で債権現金化が実現できる可能性が高まる

債権を土日に現金化できるファクタリング会社は、土日が利用できないファクタリング会社の場合と違い週明けまで手続きを待たなくて済むことから、短期間で資金調達が完了できる可能性は高くなります。もし申込みのみに対応となっている場合でも、週明けに手続きを始めるよりも前倒しで手続きができているのは間違いなく、債権を現金化して受け取れるタイミングが早くなる効果が期待できます。

オンラインでの手続きに特化している場所が多い

手続きが土日でも行えるファクタリング会社のほとんどでは、申込手続きをオンラインで受け付けています。土日の対応は申込受付だけであったとしても、その先にある書類提出などもオンライン対応可能である可能性が高く、さらには電子契約によるWeb完結型のサービスである「クラウドファクタリング」が利用できる場所も少なくはありません。

土日にファクタリングを利用する際の注意点

土日に対応できるファクタリング会社が「資金調達までの早さ」で有利なのは確かです。しかし致し方ない理由により、期待していたほどのスピードで買取りが行われない可能性と、資金調達額に影響するかも知れないデメリットが存在しています。これからご紹介する2つのポイントには注意が必要かも知れません。

振込は週明けになる可能性が高い

契約手続きまで土日で完了できるファクタリング会社であっても、実際に口座に現金が振り込まれるのが週明けになってしまう可能性は低くありません。これは振込に指定した銀行口座の影響が大きく、銀行によっては土日に振込手続きを行っても週明けの対応となってしまうことがあるからです。これはファクタリング会社の問題ではありませんが、自社の指定する銀行口座が土日の振込に対応しているかは確認しておいた方が良いでしょう。

土日即日対応ができるファクタリング会社は手数料に注意

土日の即日買取に対応できるファクタリング会社は、利便性が高く感じるのは確かです。しかし土日に対応できるということは、それだけの人員を確保できているということであり、平日休みでもない限りは人件費が嵩むことになります。この増えた分の人件費は多くの場合で「手数料」に影響することになり、土日に即日対応できるファクタリング会社は手数料が高くなってしまう危険があるのです。必ずしもではありませんが、手数料の額に注意しておくことをおすすめします。

土日の申込みは素早い債権現金化に効果的です

ファクタリングは即日の債権現金化が期待できる資金調達方法ですが、土日にすぐに現金が必要になる場面は多くないのではないでしょうか?もし週明けすぐにでも現金が必要であれば、土日に申込みが行えるファクタリング会社の利用をおすすめします。月曜日の営業開始すぐに手続きが開始されることで、週明けすぐに売掛債権を現金化できる可能性が高まります。またファクタリング会社自体は土日休みですから人件費の増加による手数料への影響も考えられず、素早さと手数料の安さを両立することができるのです。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top