フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

ファクタリングは多重債務や債務超過でも利用可能|債務の問題を回避・解消できる理由も解説

ファクタリング

2022年6月7日

多重債務や債務超過がある場合、銀行融資などの貸付サービスはほとんど利用できません。現金が必要な状況でも審査に落ちてしまい、資金調達ができないことも少なくないのです。売掛債権の譲渡・売却による資金調達方法であるファクタリングは、多重債務や債務超過があっても利用いただけます。本稿では、ファクタリングが多重債務や債務超過があっても利用できる理由と、ファクタリングを活用することで多重債務や債務超過を回避・解消し得る理由を解説させていただきます。

多重債務・債務超過とは

多重債務とは、消費者金融や信販会社などから複数の借入をしている状態のことを指します。金融庁では、5件以上の金融会社から借入をしている状態を「多重債務」と定義しており、その数は全国で約90万人を超えるほど。
また、債務超過とは、企業が抱える負債(買掛金や借入金など)が資産(売掛金や普通預金など)の総額を上回っている状態を指します。つまり、資産をすべて売却しても、負債を返済しきれない状態のこと。
多重債務も債務超過も「資金繰りが悪い」「資金が足りない」という共通点があると言えるでしょう。早急に資金繰りを改善できなければ、倒産や自己破産などの最悪の事態にも発展しかねません。

多重債務・債務超過に陥る

状況クレジットカード会社への支払いや買掛先への支払い、先行投資、従業員へのお給料など、事業を営む上では、数多くの支払いが生じます。事業資金が足りない場合、融資などの借入により、支払いの補填をすることも珍しくありません。しかし、借入による資金調達には、必ず返済や利息の支払いが発生します。返済期日にまでに返済額を準備できない場合、さらに新たな借入が必要になることもあるでしょう。計画的に借入をすれば問題ありませんが、無計画な借入は「借入が借入を招く」状態になり、多重債務や債務超過へ陥るリスクが高まります。特に、個人事業主は事業資金と生活費が混同しやすく、多重債務になりやすい傾向にあるでしょう。

ファクタリングは多重債務や債務超過を回避・解消できる

多重債務や債務超過にならないためには「負債額を増やさない」ことや「資金を増やす」ことが、非常に重要です。そのため、負債を増やさずに資金調達ができるファクタリングが役立ちます。ファクタリングは、事業主が所有する売掛債権をファクタリング会社へ譲渡・売却することにより、売掛金を決済日前に現金化できるサービス。

ファクタリングが多重債務や債務超過を回避・解消し得ると言われる理由として、以下の7つが挙げられます。

・ファクタリング=借りない資金調達
・売掛金の早期現金化が可能
・決済期日前に現金を調達できる
・資金使途の制限がない
・多重債務や債務超過があっても利用できる
・担保・保証人不要
・資金繰り改善の相談ができる

ファクタリング=借りない資金調達

ファクタリングは、あくまで「売掛債権の譲渡・売却」による資金調達であり、新たな負債を抱えることがありません。ファクタリングを活用すれば、負債を増やすことなく、固定費や外注費、返済の支払いに必要な資金の確保ができるでしょう。新たな借入をする必要がないため、多重債務を回避できるかもしれません。

売掛金の現金化が可能

ファクタリングは、売掛金を現金化できるサービス。通常取引においては、売上が発生してから実際に入金されるまでに、約1~2ヶ月のタイムラグが生じるのが一般的。売掛金は将来的に支払われる見込みのある金銭であり、まだ手元に現金として回収されていないもの。
現金化せずに売掛金の状態のままでは、支払いに充てることができないため、現金を得るために借入などの資金調達が必要となるでしょう。ファクタリングを活用すれば、売掛金を現金化できるため、新たに借入をせずとも資金を確保することができます。

決済期日前に現金を調達できる

ファクタリングを一言で表すと「売掛金の前借り・先払い」と言えるでしょう。ファクタリングは、決済期日よりも前に売掛金の現金化ができるサービス。2社間ファクタリングを用いれば、最短即日で現金化できるため、急な支払いへの対応も可能です。売掛金の決済期日を待たなくとも、必要なタイミングで資金調達できるため、返済日に間に合うように現金を確保することも難しくありません。売上があるにも関わらず返済・支払いができないという心配がなくなるでしょう。

資金使途の制限がない

ファクタリングで調達した資金には、資金使途の制限がありません。なにに使用しても問題ないため、返済や支払いなど事業に関する使用用途だけでなく、生活費に充てても問題ありません。個人事業主やフリーランスなど、生活費と事業資金が混同しやすい状況でも、特に問題なく活用できます。

多重債務や債務超過があっても利用できる

ファクタリングは、利用者に多重債務や債務超過があっても、利用できる可能性が高いです。と言うのも、ファクタリングの審査は「売掛先の信用度」を重視するから。ファクタリング会社としては、売掛金をきちんと回収できるかどうかが重要であり、利用者の経済状況はあまり関係ありません。すでに多重債務や債務超過がある場合、借入の審査にはまず通過できません。しかし、ファクタリングであれば、利用できる可能性が高く、問題なく資金調達できます。ファクタリングで得た資金で、既存借入の返済を行うことも可能でしょう。

担保・保証人不要

ファクタリングを利用する際には、担保や保証人は必要ありません。融資などの借入の場合、担保や保証人は必須。多重債務や債務超過があることを周囲に知られている場合、担保や保証人を準備できないことも珍しくありません。担保や保証人なしで利用できるファクタリングなら、資金調達できる可能性は高いでしょう。

資金繰り改善の相談ができる

ファクタリング会社の中には、資金繰りのコンサルティングをしている会社も多いです。別途料金が発生することもありますが、ほとんどの場合、無料で相談を受け付けています。多重債務や債務超過で悩んでいることを伝えれば、資金繰り計画や返済計画を一緒に考えてくれるでしょう。

多重債務や債務超過でファクタリングを利用する際の注意点

多重債務や債務超過でも利用できる可能性が高い上、多重債務や債務超過を回避・解消し得るファクタリング。非常に有用ですが、利用時にはいくつか注意点も存在します。

多重債務や債務超過でファクタリングを利用する際の注意点は、以下の3つです。

・必ず利用できるわけではない
・頻回利用はかえって資金繰りを悪化する可能性あり
・悪質業者も存在する

必ず利用できるわけではない

多重債務や債務超過があっても利用できる可能性が高いファクタリングですが、100%確実に利用できるわけではありません。ファクタリングを利用する際には、必ず審査が行われます。ファクタリングの審査で重要視されるのは、売掛先の信用度。売掛先の信用度が著しく低い(売掛先の経営状況が悪い、売掛先に多重債務や債務超過がある)場合には、利用できないこともあるので、注意が必要です。
また、2社間ファクタリングでは、利用者の債務状況が審査に影響する場合もあります。なぜなら、一度利用者の手元に売掛金が入金される仕組み上、持ち逃げリスクがゼロとは言い切れないから。審査の厳しいファクタリング会社では、審査通過できないこともあるため、注意しましょう。

さらに、ファクタリングには、買取できない債権もあります。ファクタリングで買取対象となるのは「売掛先が法人の確定債権」のみ。売掛先が個人事業主である売掛債権や、決済期日が過ぎている売掛債権(不良債権)、支払日が確定していない売掛債権は、買取不可となるため、把握しておきましょう。

頻回利用はかえって資金繰りを悪化する可能性あり

ファクタリングを利用する際には、必ず手数料が発生します。手数料は、譲渡・売却する売掛債権の額に対して1~30%が相場。短期間で頻回利用した場合、手数料分確実に資金繰りは悪化します。売掛金の早期現金化ができ、非常に有用なサービスですが、ファクタリングの利用はクセにならないように注意しましょう。

悪質業者も存在する

多重債務や債務超過がある場合、資金調達できる術が限られてしまいます。支払日や返済日までに資金調達しなければならないという思いと、利用できる資金調達方法が少ないという現実から、利用者にも焦りが生じやすいです。「金融ブラックでも利用可能」「多重債務・債務超過でもOK」と、利用者の弱みに付け込む悪質業者も存在します。
悪質業者には以下の特徴があるため、該当する業者は利用しないよう注意しましょう。
・手数料が1~30%(2社間:10~30%、3社間:1~10%)の相場から逸脱している

・手数料以外の諸費用で高額請求してくる
・出張費や債権譲渡登記の費用以外の不透明な費用の請求がある
・譲渡・売買契約ではなく貸付契約
・償還請求権のある契約
・売掛金の返還が分割払いでできる
・担保・保証人を要求される
・契約書の控えを準備していない

ファクタリングは多重債務や債務超過でも利用できる資金調達方法

ファクタリングは、多重債務や債務超過があっても利用できる数少ない資金調達方法です。ファクタリングは「売掛先の信用度」を重要視するため、利用者の債務状況が芳しくなくとも利用できる可能性は高いです。さらには、負債を増やすことなく資金調達できるため、多重債務や債務超過の回避・解消にも期待できます。多重債務や債務超過で資金繰りに悩まれている事業主様は、ファクタリングの利用を検討してみるのも良いでしょう。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top