フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

ファクタリング取引の疑問を解決!仕組み・流れ・利点・注意点などの質問に回答

ファクタリング

2022年6月23日

目次

ファクタリング取引は融資に頼っていた資金繰りを大きく変えることができ、売掛債権の支払いを待つ期間の経営に苦労されていた中小企業の悩みを解決することも可能な資金調達方法です。しかし「ファクタリング取引って?」という経営者様や、名前は知っていても内容はよくわからず何となくの不安を感じているという経営者様も少なくはないかも知れません。そこで本稿では質問に回答する形で、ファクタリング取引に関する疑問や不安を取り除くお手伝いをさせていただきます。本稿を通して中身を理解するほどに、ファクタリングが頼りになる資金調達方法であることがおわかりになるはずです。

ファクタリングってどんな取引?

一般的にファクタリング(factoring)とは、決済期日前の売掛債権をファクタリング会社と呼ばれる買取業者へ売却し、債権代金を回収(現金化)する取引を指します。法的には「売掛債権の売買(債権譲渡)契約」と定義されている取引であり、融資とは全く違う資金調達方法となります。またファクタリングは融資ではないため利息は発生しませんが、ファクタリング利用時にはファクタリング会社へ手数料を支払わなければなりません。

ファクタリングの歴史

ファクタリングの歴史は想像以上に長く、古代メソポタミアの時代から似たようなシステムは存在していたそうです。現在のファクタリング取引の形に近づいたのは16世紀のイギリスであり、そして20世紀になってアメリカで大きく発展したと言われています。1970年代には日本にも伝わってきたものの、当時の日本は手形取引がメインであり中々普及することはありませんでした。しかし2000年を過ぎてからは民法の改正など法整備が行われたことやインターネットの普及によって、日本国内でもファクタリング取引が浸透し始めることとなりました。

ファクタリングで取引対象となる「売掛債権」とは?

代金をその場で受け取ることをせず、納品した商品やサービスに関する代金を後ほど受け取る約束や受け取る代金のことを「売掛」と呼びます。このような方法での取引は「掛取引」と呼ばれ、多くの日本企業が採用している取引方法となります。そして、「債権」とは債権者が債務者に対して代金を請求する権利のこと。つまり「売掛債権」とは「掛取引において発生した代金を受け取る権利」と言い換えることができます。売掛債権は信用取引において用いられますが法的な強制力は強くありません。法律に基づいており強制力も強い「受取手形」とは似ているようで違う存在となるため、注意しましょう。

ファクタリングの取引に種類はある?

ファクタリング取引として一般的に認知されているのは、売掛債権の売却による資金調達方法である「買取ファクタリング」です。しかしファクタリングは他にも「保証ファクタリング」や「国際ファクタリング」という種類も存在しています。一言で「ファクタリング取引」と言っても、様々な種類があり、それぞれ取引内容は異なるもの。違いを理解し、利用時には混乱しないようにしておきましょう。

・買取ファクタリング—売掛債権を売却し現金化するサービス。債権の決済日前の早期資金調達が可能。
・保証ファクタリング—売掛先の倒産や不払いに備えた保険型のサービス。貸倒れの危険を回避することができる。
・国際ファクタリング—海外の企業を相手とする取引のサポートを行うサービス。売掛先企業の信用情報調査、債権回収のサポート、債権代金の保証などが行われる。
・医療ファクタリング—医療報酬(診療報酬、調剤報酬、介護報酬)債権を売却し現金化するサービス。決済日前に医療報酬債権の8割を現金化できる。

契約方法で取引内容が違う?

ファクタリング取引では、売掛先への通知を行うか行わないかの選択ができます。通知を行わずファクタリング会社との間で債権売却の契約を結ぶのが「2社間ファクタリング」であり、売掛先への通知の後に承諾を受けた上で契約する方法を「3社間ファクタリング」と呼びます。売掛先に対する通知の有無によって、資金調達スピードや手数料の額に違いが発生するため、どのような影響があるかを理解した上で契約方法を選択しなければなりません。2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、それぞれの取引内容の特徴をしっかり把握しましょう。

2社間ファクタリングの特徴・注意点は?

・素早い資金調達に向いている
・売掛先との関係性への影響リスクが小さい
・手数料相場「10%〜30%」
・債権譲渡登記が必要になることがある

2社間ファクタリングは売掛先への通知という手続きを省けることから、素早い資金調達に向いているファクタリング取引であると言えます。最短即日で売掛債権の現金化ができるため、急ぎの資金調達に最適でしょう。しかし、ファクタリングは、まだ日本における歴史が長いとは言えず、ファクタリング取引に対して良いイメージを持たない売掛先があるのも確かです。ファクタリングの利用を知られた場合、売掛先との関係性が悪化することもあるかもしれません。2社間ファクタリングであれば、売掛先への通知を行わずにファクタリングを利用できるため、売掛先との関係性悪化のリスクや心配が不要となります。ただし、手数料相場が3社間ファクタリングと比較して高めであることと、状況次第では債権譲渡登記を行う必要があることは理解しておく必要があります。

3社間ファクタリングの特徴・注意点は?

・審査通過しやすい
・個人事業主も利用しやすい
・手数料相場「1%〜10%」
・即日資金調達の実現は難しい
・売掛先との関係性に悪影響を与える可能性がある

ファクタリング取引の審査では、債権代金の支払いに関するトラブルが起きる危険性に注目されます。3社間ファクタリングでは売掛先に対して通知を行うことで、債権の二重譲渡などのトラブルを回避できます。その結果、審査通過しやすくなり手数料も2社間ファクタリングより低くなりやすいというメリットが得られます。また3社間ファクタリングでは債権譲渡登記は基本的に必要ありません。個人事業主でも問題なく利用できる上、登記費用の節約も可能となります。ただし売掛先への通知や承諾を取る分だけ手続きに時間がかかるため、資金調達完了までに3営業日~1週間程度の時間がかかります。最短即日などスピードを求める資金調達には不向きなので、注意しましょう。さらに、3社間ファクタリングは、売掛先へのファクタリング利用の通知が必須であるため、必然的にファクタリングの利用が売掛先へ知られてしまします。ファクタリングへの理解がない売掛先の場合、取引関係が悪化することもあるので、契約方法の選択は慎重に行いましょう。

ファクタリング取引にはどんなメリットがある?

ファクタリング取引は「中小企業に向いている資金調達方法」であるとよく言われます。それは利用することで得られるメリットの多くが、中小企業の資金繰りにとってプラスになるからに違いありません。融資よりも利用する価値が高いかも知れない、ファクタリング取引のメリットを5つご紹介させていただきます。

決済日までの資金繰りに関する悩みが解消できる

売掛債権の決済が行われるまでの資金繰りは、特に中小企業にとっては大きな悩みの種となることが珍しくはありません。自己資金で乗り切ることが難しくなってしまった場合には、最悪黒字倒産ということもあり得ない話ではなくなります。しかしファクタリング取引を利用して決済日前に売掛債権を現金化すれば、資金ショートの危険を回避できるでしょう。手数料を考慮した上での利用が原則ですが、ファクタリング取引は支払サイトの長さによる経営への負担軽減に活用できます。

急いで現金が欲しい時にも頼りになる

例えば日払いの作業員を雇った場合の費用や現金での取引が必要なシチュエーションでは、資金調達までに時間のかかる融資は頼りになるとは言えません。ファクタリング取引は資金調達スピードも非常に優秀であり、2社間ファクタリングを選択すれば即日で売掛債権を現金化することも可能です。3社間ファクタリングでも数日から一週間程度で契約を終え現金を手にできる可能性は高く、急いで資金調達を行いたい時にも頼りになります。

融資の審査に落ちた企業も利用しやすい

ファクタリング取引は融資とは審査基準が大きく違います。融資では返済能力が問われるだけでなく将来性なども審査される可能性があります。ファクタリングの場合は申込みを行った企業の経営状況や将来性は審査への影響が大きくありません。代わりに売掛先の経営状況などから判断される信用力が問われることになります。この審査基準の違いによって、融資の審査に通過できなかったという企業も、売掛先次第でファクタリング取引に成功できる可能性が十分にあるのです。

売掛先の支払い問題に巻き込まれないで済む

掛取引におけるリスクの1つとして「売掛先の支払い問題」があります。支払いの遅延程度であっても資金繰りに大きなダメージになることが考えられますが、不払いが続いたり売掛先が倒産などして支払い不可能となったりした場合には、深刻な影響を受ける可能性があります。ですがファクタリング取引は「償還請求権なし(ノンリコース)」が原則。そのため、売却契約が締結された後の債権に関して元の債権者が責任を問われることはありません。償還請求権なしで契約を行うことで、売掛先の支払い問題に巻き込まれるリスクをなくすことができます。

負債を増やさず貸借対照表への悪影響がない

「融資ではない資金調達方法」であるファクタリングは、資金調達後も負債額が増えることはなく貸借対照表の肥大化を回避できます。負債額が大きくなってしまい債務超過に陥る恐れもなければ、毎月利息を支払う必要もありません。そのため、ファクタリングは、融資に頼った資金繰りで起こり得る問題点の多くを解消できる資金調達方法と言うこともできます。

ファクタリング取引にデメリットはない?

融資には審査通過の難しさや負債の増加などというデメリットがあるように、ファクタリング取引にも注意していただきたいポイントは存在しています。知らずに利用した場合にはデメリットになる危険性があるかもしれません。しかし、理解しておくことで負担を軽減することやリスクが回避できる要素ばかりですので、目を背けず一読していただければ幸いです。

手数料の上限を決める法律がない

融資は利息制限法によって、条件ごとの金利の上限が定められています。しかしファクタリング取引には利息制限法のように手数料の上限を定める法律がありません。手数料を何%で設定するかはファクタリング会社に一任されているのです。相場外の手数料を提示するような悪質業者もいるため、本当に妥当性の高い手数料かどうかを経営者様が判断する必要があります。判断が難しい場合は、手間は多少かかりますが複数のファクタリング会社に申込み、提示される条件を比較してみることをおすすめします。なお、ファクタリング手数料は、2社間ファクタリングで10~20%、3社間ファクタリングで10%未満が相場となりますので、ご参考ください。

収入の空白部分ができる可能性がある

売掛債権の決済日前に現金化できるのが、ファクタリング取引を利用する最大のメリットかも知れません。しかし前倒しで現金化したことで、次に売掛債権の決済が行われるまでの期間が長くなる可能性があります。ファクタリングによって資金調達に成功した後の資金繰りも考慮した上で、売掛債権の売却を実行することが大切です。

資金調達できる額は債権の額次第

ファクタリング取引によって手にできる現金は、売掛債権の額面から手数料などを引いた額となります。つまり資金調達できる額は売却を希望する売掛債権の額に大きく左右されることになり、高額資金調達を希望する際には相応額の債権を用意しなければなりません。

必ずしも「償還請求権なし(ノンリコース)」ではない

原則的に「償還請求権なし(ノンリコース)」で契約することができるものの、必ずしも償還請求権がない契約となるとは限りません。銀行やノンバンクなど貸金業を営める場所であれば、償還請求権あり(ウィズリコース)での契約を行うのも法的には問題はないのです。後からのトラブルを避けるためにも、契約手続きを終えるまでに償還請求権に関する確認は行っておくべきです。

売掛先との取引関係が悪化する可能性がある

ファクタリングへの理解が乏しい売掛先の場合、ファクタリングの利用を知られることで、取引関係が悪化する可能性も否定できません。と言うのも過去に、偽装ファクタリングと呼ばれる違法取引での逮捕事例があったことで「ファクタリングは怪しい取引」と勘違いしている方もいるから。ファクタリング自体に違法性はありませんが、売掛先がファクタリングについてどう思っているのかの確認はしておくべきでしょう。なお、売掛先への通知を行う3社間ファクタリングはもちろんのこと、2社間ファクタリングでも利用を知られてしまう場合もあります。債権譲渡登記を行い、その登記を売掛先が閲覧した場合に限り、売掛先へファクタリングの利用が知られてしまうため、注意しましょう。

ファクタリング取引利用の流れは?

初めてファクタリング取引によって資金調達を行う際には、審査や契約時に必要になる書類や手続きの流れが分からない方もいるかも知れません。ですがファクタリングは銀行融資などと比較して、必要書類も多くはなく手続きも複雑ではないことがほとんどです。申し込み先によって多少の違いはありますが、必要になる可能性の高い書類と基本的な流れを解説させていただきます。

取引に必要書類は?

・商業登記簿謄本
・本人確認書類
・印鑑証明
・決算報告書、確定申告書
・売掛債権の存在を証明できる書類(基本契約書、請求書など)
・取引に使用している口座の通帳
・債権譲渡への同意書・承諾書(3社間ファクタリングのみ)

法人と個人事業主、申込みを行ったファクタリング会社によっても違いがありますが、ファクタリング取引には上記したような書類が必要となります。ファクタリング取引では融資より必要書類が少なくなることが大半ですが、手続きの簡略化がされているファクタリング会社であれば「免許証・請求書・通帳のコピー」という3点だけで利用できることも珍しくありません。書類の準備にかかる手間を減らすことが可能でしょう。なお、商業登記簿謄本や印鑑証明は法務局で取得する必要がある書類ですので、利用時には確認が必要になります。利用を検討しているファクタリング会社では、どんな書類が必要になるのか、事前に確認しましょう。

申込から取引完了までの流れは?

①電話・メールなどによるファクタリング会社への買取申込み
②ファクタリング会社からの連絡(手続きに関する説明や申込内容に関する聞き取り)
③必要書類の提出後、審査
④契約手続き
⑤買取代金の支払い
⑥売掛先より入金された売掛債権の代金をファクタリング会社へ渡す

ファクタリング取引の流れを簡単に説明すると、上記のような流れとなります。申し込み先によって進め方に違いはあるかも知れませんが、複雑な手続きはあまりないため戸惑うことは少ないはずです。手続きに関する疑問などあれば、申込前や申込後の聞き取りの際に確認しておくことをおすすめします。
なお、売掛先企業も契約に参加する3社間ファクタリングにおいては、③で「債権譲渡の同意・承諾書」が必要となります。事前に売掛先へファクタリング利用に関する説明をしておけるといいかもしれません。また、3社間ファクタリングでは、売掛金は直接売掛先からファクタリング会社へ支払われるため、⑥の取引は必要ありません。

ファクタリング取引は本当に合法?危険性は?

一部の経営者様はファクタリング取引に対して、違法なのではと不安を感じているかも知れません。結論から言えば、ファクタリングという行為自体に違法性はありません。違法性はないと言える理由や法的根拠、そして金融庁が注意喚起を行っている悪質業者の存在を解説します。

ファクタリングは金融庁も認める公的取引

金融庁の公式サイトにある「消費者金融などについて」の項目内には、ファクタリングについて説明された文章があります。

・ファクタリングとは、債権を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス。
・事業者の資金調達の一手段
・法的には債権の売買(債権譲渡)契約

この文章を読んでいただけば、ファクタリングの存在を金融庁が認めており、事業者の資金調達に役立てられると判断されている取引であることがおわかりになるはずです。

ファクタリング取引の法的根拠

・民法第466条「債権の譲渡性」—債権は譲り渡すことができる
・民法第555条「売買契約」—売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。
・民法第467条「指定債権の譲渡の対抗要件」—指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない

ファクタリング取引が違法ではないという法的根拠は、上に記した3つの民法によるものです。債権は譲渡することができ、売買契約を正しく結ぶことで売買が成立するということになります。また、3社間ファクタリングにおいては、債務者(売掛先)に通知をして承諾を得ることで、売掛債権の所有権がファクタリング会社へ移った旨を第三者へ公言できるようになるのです。

悪質業者には注意!

金融庁は「ファクタリングに関する注意喚起」を行っています。具体的には高額な手数料を請求してくる業者でのファクタリング取引は行わないようにすべきということと、「給与ファクタリング」と言われる個人が勤務先に対して有する「給与を受け取る権利(賃金債権)」を売掛債権として買い取る手法に関しての注意を訴えかけています。金融庁のサイトには書かれていませんが、「領収書ファクタリング」と呼ばれるサービスも給与ファクタリングと同じく違法性が高いため、利用しないようご注意ください。

ファクタリングで注意が必要な取引内容とは?

上でも解説したように、ファクタリングは法的根拠もしっかりとあり、国から認められているサービスです。しかし、すべてのファクタリング会社が安全かと聞かれれば、そうとは言い切れません。純粋なファクタリング取引を行っているファクタリング会社もあれば、「ファクタリング」を謳いながら融資と捉えられかねない取引を行っている業者も存在します。ここではファクタリング業界内で危険と判断される取引内容について、解説します。

「融資」とみなされる取引

ファクタリングは「売掛債権の譲渡・売買契約」であり、貸付ではありません。そのため、担保・保証人は不要、償還請求権がない契約が原則となります。担保を要求されたり、長期的な返済が発生したり、弁済を求められたりするような取引は、純粋なファクタリングとは言えません。具体的には、以下の内容が含まれる取引は融資や貸付とみなされる可能性が高いので、利用しないようにしましょう。
・担保・保証人が要求される
・長期的な返済がある、分割返還が可能
・償還請求権のある契約
・債権の一部買取(売掛金回収後に残額が支払われる場合)
なお、これらの取引が違法となるのではなく「貸金業登録をせずに融資とみなされる取引内容でファクタリング同等の手数料設定をしている」と、違法になるだけなので、把握しておきましょう。

消費税が発生する取引

ファクタリングは非課税取引です。そのため、ファクタリング利用時に発生する手数料や、ファクタリングで得られた資金に消費税は発生しません。ファクタリングは非課税取引ということを知らない利用者をターゲットに、手数料等から消費税として不要な請求をする悪質業者も存在します。ファクタリング取引において消費税が発生する可能性があるのは、出張対応した場合の交通費や、債権譲渡登記を司法書士へ依頼した際の報酬程度でしょう。これ以外に消費税を課される場合は悪質業者の可能性が高いため、注意しましょう。

ファクタリング取引は中小企業の資金繰りを変えます

売掛債権の支払サイトの悩みを早期現金化によって解消でき、最短即日など素早い資金調達も可能なファクタリングは、タイムリーな資金調達を求められる中小企業が利用すべき資金調達方法です。資金ショートしそうなタイミングなど、ピンポイントの利用にも向いており、様々なシチュエーションで活用していただけます。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top