フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

仕入れ費用不足の危機にはファクタリング!最速で資金調達を行うポイントも解説

ファクタリング

2022年6月23日

現在の企業間の取引では「信用取引(掛取引)」が一般的です。信用取引は支払いをまとめることができ、決済の管理などが行いやすいというメリットがあります。しかし売掛先からの支払いを受けるのが一定期間後になることで、手元にある資金が不足し仕入れ費の支払いが滞ってしまう危険が考えられます。そんなピンチには素早い資金調達も可能な「ファクタリング」が役立ちます。本稿では仕入れ費の確保にファクタリングが最適と言える理由と、債権現金化を最速で行うポイントを解説させていただきます。

仕入れ費用の確保は企業の生命線

企業にとって仕入れ費用の確保ができない状況は、経営の危機と言っても過言ではありません。運転資金には仕入れのための費用以外にも人件費や家賃、光熱費などが含まれますが、その中でも仕入れ費用は特に重要な費用であり企業にとっての生命線となります。

商品の販売や製造が行えない・サービスの質が低下する

仕入れ費が不足してしまうと、販売するための商品や製造を行うための原材料などが手に入らないことに繋がります。小売業や飲食店のように商品を取り扱わない接客業であっても、仕入れ費が全く発生しないということはないはずです。つまり仕入れ費が不足してしまうと企業としての活動そのものが制限されてしまったり、営業ができない状況に追い込まれたりしかねないのです。

取引先からの信用を失う・資金ショートに陥る

信用取引では仕入れで発生した費用は後払いとなるため、支払いができない状況に陥った場合は、取引先に対して大きな迷惑を掛けてしまうことになります。取引先からの信用を失うのはもちろんですが、自社も資金ショートに陥り最悪の場合には取引先とともに連鎖倒産となってしまうことも考えられない話ではありません。

仕入れ費用調達に利用可能な資金調達方法

企業が仕入れ費用を確保するためには、幾つかの選択肢が考えられます。しかし企業の置かれた状況によって選ぶべき選択肢は変わり、各資金調達方法の特徴を理解した上で選ぶことが重要となります。

金融機関からの融資

資金調達先の候補として真っ先に挙がることが多い「融資」には、銀行や信用金庫など幾つもの借入先候補があります。高額の資金調達も可能であったり、融資を受けられること自体が企業としての信用に繋がったりはするものの、経営状況や将来性が審査結果に大きく影響し、中小企業は個人事業主にとって審査通過は容易ではありません。また借入による資金調達には利息の支払いが経営に悪影響を与える危険や、負債額の増加によってバランスシートの肥大化を引き起こし、企業価値を落としかねないという注意点も存在しています。

日本政策金融公庫

100%政府が出資し運営されている日本政策金融公庫は、民間の金融機関からの融資が受けにくい中小企業や個人事業主に対しても積極的に融資を行っています。日本政策金融公庫は規模の大きくはない企業にとって頼りになる存在ではありますが、書類作成に大きな手間がかかり、融資を受けるまでに平均でも2ヶ月前後という長い期間が必要になるというデメリットがあります。創業資金の調達や設備投資の費用などを計画的に借り入れるには向いているものの、仕入れ費を短期間で調達したい状況では、期待した結果を得るのは難しいでしょう。

投資家からの資金投資

エンジェル投資家と呼ばれる個人投資家やベンチャーキャピタルなどから出資を受けることができれば、多額の資金調達に成功できる期待が高まります。返済不要であり利息の支払いなどの心配がないのは大きなメリットですが、経営に口を挟まれ自由な経営が行えなくなるというリスクを抱えることになりかねません。投資は必要な時に必要な額を調達できる資金調達方法ではなく、仕入れ費用の確保という目的には向いているとは言えません。

補助金・助成金

返済する必要がない資金調達方法として「補助金・助成金」は利用価値が高いのですが、まず利用対象となれる補助金や助成金を見つける必要があります。さらに手続きに時間がかかり年単位での時間がかかりかねませんので、急いで仕入れ費を準備すべきシチュエーションでの利用価値は高いとは言えません。何より補助金や助成金は基本的に後払いによる支給となることから、一旦立て替えるだけの費用が必要になるのも状況次第では大きなデメリットなります。

クラウドファンディング

インターネット上で不特定多数の人物から出資を受けるクラウドファンディングは、多数の人物に刺さるアイデアを保有していれば企業規模に関わらず大きな資金調達に成功できる可能性があります。しかし支援者が魅力を感じるリターンの用意も必要であり、アイデアを世間に公開するリスクも存在します。またクラウドファンディングも短期間での資金調達は期待しにくく、仕入れ費の調達には不向きと言わざるを得ません。

ファクタリング

売掛債権を売却し現金化する資金調達方法が「ファクタリング」であり、短時間での資金調達を希望する場合にも有力な選択肢となります。法的には債権の売買(債権譲渡)契約に該当し、金融庁も事業者の資金調達の一手段と認めています。売掛債権を保有していなければ利用することはできませんが、仕入れ費の確保に売掛債権の支払い期間が大きく影響しているのであれば、ファクタリングを利用することで状況を改善できる可能性は十分にあります。

仕入れ費用の調達には「ファクタリング」が最適

幾つもある資金調達の選択肢の中でも、利用しやすさや資金調達スピードを考慮した最適な仕入れ費用調達先は、多くの企業、特に中小企業や個人事業主にとって「ファクタリング」となります。ここからはファクタリングが仕入れ費用を確保するための最適な選択肢と言える理由や根拠を解説させていただきます。

最短即日での資金調達が期待できる

ファクタリングを利用する大きなメリットの1つが「資金調達スピード」であることは間違いなく、手続をスムーズに行うなどの条件を満たすことで「即日資金調達」も不可能ではなくなります。さらにクラウドファクタリングと呼ばれるWeb上で申込から契約手続きまでが完結できるサービスを利用すれば、最速であれば30分での売掛債権現金化も不可能ではなくなります。このスピードを活かせば「明日までに現金が必要」という状況ですら対応することが可能です。

審査通過できる可能性が高い

金融機関からの融資は中小企業や個人事業主にとって審査通過が容易ではないと言われていますが、融資の審査に残念ながら通過できなかった企業もファクタリングの審査通過は難しくありません。ファクタリングは融資とは審査基準が大きく違い、債務超過に陥りそうな状況であったり各種支払いを滞納していたりしても利用可能です。売却を希望する債権の決済が行われる信用が十分にあれば、高確率で審査通過できるのです。

負債も増やさず担保や保証人を用意する必要がない

ファクタリングで調達した資金は返済不要であり、負債額を増やすこともありません。また担保や保証人なども不要です。これらは「融資ではない資金調達方法」として当然のことではありますが、融資ではないということが企業の経営に対して与えるプラスの影響は想像以上に大きいのです。

債権が回収不能になるリスクが回避できる

仕入れ費用が不足した結果、経営が立ち行かなくなる危険は全ての企業が抱えています。取引先も同様であり、倒産してしまい売掛債権の回収が不可能になるということも起こり得ないことではありません。このような債権回収リスクの回避にもファクタリングは役立ちます。ファクタリングは原則「償還請求権なし」での契約となり、償還請求権がなしとなっていれば売掛先が倒産した後も債権の買い戻しなどを求められることはないのです。契約内容はしっかりと確認すべきですが、売掛先の倒産というリスクが回避できればより経営は安定させやすくなります。

債権回収のペースアップに近い効果が得られる

売掛債権の本来の決済日よりも早いタイミングでの現金化ができるのがファクタリングであり、「債権の回収ペース」を早めるのに近い効果を得ることができます。債権現金化には手数料の支払いが必須のため、債権の額面よりも手にできる額が少なくなるという点には注意が必要です。しかし債権の決済日までの期間の長さは資金繰りへ大きな影響を与えるため、早期現金化により得られるメリットはかなり大きくなるはずです。

企業価値を高めることも可能

負債を増やす資金調達方法には、バランスシートの肥大化によって企業価値を低下させるリスクが存在します。しかし売掛債権を現金化した資金によって負債を返済し資産を減らせば、総資産利益率などが改善させられます。このようにファクタリングには肥大化したバランスシートのスリム化という効果もあり、決算書の内容を改善させ企業価値を高める効果も期待できるのです。

債権現金化のスピードを上げるポイント

ファクタリングの大きなメリットである債権現金化スピードは、契約方法や手続き次第で上下します。スピードを高めるためには「契約方法は2社間ファクタリングを選択する」、「書類提出は素早く行う」「取引実績が豊富な売掛先の債権を売却する」などが効果的です。特に即日での債権現金化のためには、2社間ファクタリングを選ぶことが重要です。

素早い債権現金化が可能なファクタリング会社の見つけ方

・即日買取対応
・請求書、本人確認書類、通帳コピーなど必要書類が少ない
・買取実績や運営歴が豊富
・クラウドファクタリング利用可能

上記した項目を満たすファクタリング会社では、短時間での債権現金化が期待できます。提出書類は申込先によって違いがあり、書類提出が終わらなければ審査がスタートできないため提出書類が少ない効果は小さくありません。また対面不要のクラウドファクタリングが利用できれば移動時間なども節約でき、さらに資金調達スピードは高まります。

ファクタリングで仕入れ費用が不足するピンチは乗越えられる

仕入れ費用が不足してしまうと企業としての活動そのものに支障をきたす可能性が高く、素早く資金確保が行える調達方法を活用することが重要です。ファクタリングは即日債権現金化も可能であり、仕入れ費が不足するピンチを乗り越えるためにも非常に役立つ資金調達方法です。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top