フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

代表的なファクタリングの利用目的&ファクタリング会社の選び方

ファクタリング

2022年5月24日

選び方」を解説させていただきます。

ファクタリングは様々な目的に利用できる資金調達方法

ファクタリングの利用目的の中心となるのが債権現金化による資金調達であることは確かです。しかし他の資金調達方法ではなくファクタリングを利用される企業が増加中なのは、ファクタリング独自の審査基準や債権現金化のスピード、さらに「融資ではない資金調達方法」などの特徴を活かした利用ができるからに違いありません。まずはファクタリングの種類とその概要、そして各ファクタリングサービスの代表的な利用目的をご紹介します。

ファクタリングの種類

・買取ファクタリング
・保証ファクタリング
・国際ファクタリング

ファクタリングは上記した3種類に大きく分けることができます。この3種類のサービスはそれぞれ「ファクタリング」と名前に付いてはいますが、そのサービス内容は同じではなく、違いを正しく理解しておくと安心です。

買取ファクタリング(一般的なファクタリング)

金融庁のサイト内にはファクタリングに関して触れられている記事があり、その中には『一般に「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス』という文章が存在します。これには3つに分けた内の「買取ファクタリング」が該当しており、買取ファクタリングが一般的にファクタリングと呼ばれているサービスであることがわかります。債権売却(債権譲渡)を行い現金化するサービスは、買取ファクタリングであると理解していただければ特に問題ありません。

保証型ファクタリング

保証型のファクタリングとは、売掛先が何らかの理由により売掛債権の支払いが行えなくなった際に、本来受け取れるはずだった債権の代金を契約時に指定された割合で保証するサービスを指します。買取ファクタリングとは違い債権の譲渡などは行われず資金調達には利用できません。保証ファクタリングは、売掛債権に付与する保険的な役割となるサービスとご理解ください。

国際ファクタリング

海外への輸出取引などを行っている企業が利用するサービスであり、海外企業の信用調査や代金回収が早期に行えるなどのメリットがあります。国際ファクタリングが誕生する以前は「信用状」により海外企業との取引リスクに備えていましたが、現在では信用状と比較して手間や費用が少なくて済む国際ファクタリングを利用する企業が増えつつあります。国際ファクタリングは利用目的が明確であるため、活用方法については割愛させていただきます。

買取ファクタリングの代表的な利用目的

買取ファクタリングは「債権の早期現金化・即日資金調達が可能・貸借対照表のスリム化・償還請求権なしでの契約」などの特徴があり、代表的な利用目的もこれらの特徴を活かしたものとなります。銀行融資と比較されることも多い買取ファクタリングですが、実際に資金繰りの大きな助けとなるシチュエーションは数多く存在しています。

売掛債権の決済日までの運転資金の確保

売掛債権は発生してから決済が行われるまでには、2ヶ月程度の期間が必要になることも珍しくはありません。支払サイトの長さは業種にも大きく左右されますが、決済が行われるまでの運転資金の確保に苦労してしまうこともあるはずです。買取ファクタリングは「売掛債権の早期現金化」による資金調達方法であり、決済日の前倒しに近い効果を得ることができます。手数料など費用が発生する点は考慮すべきですが、ファクタリングを利用すれば「売掛債権を少しでも早く現金に変えたい」という希望を叶え、運転資金を確保することが可能となります。

突発的な出費に対する対応

銀行や日本政策金融公庫などは融資を受ける際の代表的な選択肢ですが、「借入までに時間がかかる」という問題があり、急ぎの資金調達には不向きです。ファクタリングの場合は「最短即日」での債権現金化も可能であり、弊社「買速」で利用できるクラウドファクタリングを活用していただけば「最短30分」での債権買取も期待していただけ、突発的な出費にもスムーズに対応できます。資金調達スピードは「柔軟な資金繰り」の実現に大きく役立ち、買取ファクタリングはそのための大きな役割を果たすことができるのです。

融資までのつなぎ資金の用意

設備投資など大きな資金が必要な際には、やはり銀行など金融機関からの融資が第一の候補となるはずです。しかし前述している通り、融資は資金調達に時間がかかる傾向があります。買取ファクタリングでも十分な額の売掛債権を保有していれば高額資金調達は可能ではありますが、買取ファクタリングは融資を受けるまでの「つなぎ資金の確保先」としても優秀です。債権の信用力が高ければ審査通過は難しくないため、「融資の審査に通過できるかわからない」という状況でも、買取ファクタリングであれば高確率で利用することができます。

企業価値を高めるため

無理のない返済を続けることができれば、融資による資金調達は有効な選択肢となります。しかし融資に頼り過ぎた経営は「負債の増加」によって自己資本比率などを低下させ企業価値をさげることになりかねません。このような状況の改善には買取ファクタリングによる「貸借対照表(バランスシート)のスリム化」が効果的です。売掛債権の売却は負債を増やすことがないため、上手く活用することで低下した自己資本比率などを向上させ企業価値を高めることが可能となります。

保証ファクタリングの代表的な利用目的

保証ファクタリングを利用する代表的な目的となるのは「売掛先の倒産リスクの回避」と「与信管理のための情報収集」となります。どちらも安定した経営を行うためには大きな効果があり、資金調達を目的としないファクタリングを希望されるのであれば、利用価値は高いと言えます。

売掛先の倒産リスク回避

「売掛債権に対しての保険」が保証ファクタリングの主な働きであり、保証を受けることで売掛先の倒産などによるダメージを大きく軽減することができます。ただし個別の債権を保証対象とすることができない「包括保証」が基本であり、債権の全額保証とならないことも多いという点には注意が必要です。個別債権に対する倒産リスク回避を目的とする場合は、償還請求権のない(ノンリコース)契約による買取ファクタリングがおすすめです。

売掛先の与信管理のための情報収集

保証ファクタリングを利用する際には「保証料」が必要となります。保証料は一定ではなく、売掛先の与信調査の結果によって大きく変動します。与信調査の結果が良好であれば保証料は安くなるなど、リスクの高さに比例して保証料は高くなるのです。リスクが高すぎると判断された場合には契約が不可能になる可能性もあり、保証ファクタリング会社からの情報や保証料の額によって、申込を行った企業も売掛先の与信管理をするための情報を得ることができるのです。

買取ファクタリングの申込先選びのポイント

保証ファクタリングや国際ファクタリングは利用目的も限定されており、申込先の選択肢も多くはありません。しかし買取ファクタリングは業務を行っている場所の数も多く、申込先選びは慎重に行う必要があります。ここからは利用目的を達成するために役立つ、買取ファクタリングの申込先選びのポイントを解説させていただきます。

債権現金化スピードが早い

買取ファクタリングは即日債権現金化も「可能」な資金調達方法です。全ての申込先が即日買取に対応できるわけではなく、「即日資金調達可能」や「最短1日」など早さが期待できる情報がサイト上などで記載されている場所を選ぶことが、早さが求められる利用目的では大切です。特にWeb上で手続きが完結できるクラウドファクタリングやオンラインファクタリングが利用できる場所を選べば、より素早い債権の現金化が期待できます。

手数料が安い

売掛債権の売却に必要な手数料はゼロにすることは原則的に不可です。ファクタリング会社の売上に直結する手数料が0円という場所があるのであれば、何か違う形での高額請求が行われる危険を考慮しなくてはなりません。また手数料が一見は安く見えても、その他の諸費用請求がある場合には、本当に必要で手数料と合わせた額が無理のない範囲でなければ利用すべきではありません。買取ファクタリングを行う上で手数料は非常に重要な要素であることは確かですので、急いでいる時でもしっかりと請求額に注目し、本当に債権を売却するべきかを落ち着いて判断することが大切です。

安心して利用できる

非常に残念なことではありますが、ごく稀ではあるものの違法性の高い契約を求めてくるファクタリング会社による被害が発生しています。金融庁も違法性の高い契約条件を提示してくる、悪質ファクタリング会社に関しての注意喚起を行っています。安全に利用できる場所の見つけ方のポイントとしては、運営歴や買取実績に注目するという方法があります。実際に債権売却を行った企業からの評判が悪くては、長い運営歴や買取実績を増やすことはできません。ですから実績が十分にあるファクタリング会社は、安全性の高さが期待できるのです。

独立系ファクタリング会社を選ぶ

銀行系のファクタリング会社は審査が厳しく行われる傾向がありますが、金融機関に該当しない独立系と言われるファクタリング会社の場合では、経営状況が芳しくない企業も審査通過できる可能性が高くなります。また独立系のファクタリング会社では「債権譲渡登記なし」での契約が原則となり、銀行系の多くで利用できない2社間ファクタリングに対応しているなどの特徴があります。銀行系にこだわる理由がないのであれば、利用しやすさを含めたメリットが多くある独立系ファクタリング会社を選ぶことをおすすめします。

申込先選びはファクタリング成功の重要ポイント

様々な目的に合わせたファクタリングを成功させるためには、申込先選びがとても重要になります。急いで現金が必要であれば買取スピードが早い場所を選ぶべきですが、法外な手数料請求が行われては後々後悔することになりかねません。何を重視するかを決めるのと併せて、様々な要素を一定水準以上で満たせる場所を選ぶことが大切です。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top