フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

優良ファクタリング会社との出会いが資金調達成功への近道!

ファクタリング

2022年6月23日

ファクタリングはスピーディーな売掛債権の現金化を可能とするだけでなく、銀行融資とは大きく違う審査基準が設定されている中小企業におすすめの資金調達方法です。しかしどこに申し込んでも安心というわけではなく、「優良ファクタリング会社」と出会うことが大切です。悪質な業者を見抜き、信用できるファクタリング会社を見つけるためのポイントを紹介します。

「優良ファクタリング会社」と出会うことが資金調達成功への必須条件

安心安全で信頼できるファクタリング会社を利用して売掛債権を売却すれば、素早く資金調達を行い、債権の現金化後にトラブルが発生する可能性もまずありません。ある意味では当然の業務を行っているだけなのですが、近年急激に利用企業が増えている中で悪質なファクタリング会社が現れているのも残念ながら事実です。甘い売り文句だけを見て利用してしまった場合には、思いがけないトラブルに発展してしまうこともあります。つまり「優良ファクタリング会社」と出会うことが、資金調達を成功させるための必須条件と言えるでしょう。

ファクタリング会社には「悪質」と「優良」が存在する

「優良ファクタリング会社」とは適切な手数料で売掛債権の買取を行い、ノンリコースなどファクタリングとして正しい条件で契約を結ぶことができる場所のことを指します。対して「悪質ファクタリング会社」とは不当に高い手数料や不要な費用を請求してきたり、売掛債権買取業務ではなく融資に近い条件で契約を結ぼうとしたりするような場所のことを言います。悪質ファクタリング会社を利用してしまっては、資金繰り改善どころか、却って資金繰りが悪化することにもなりかねません。ファクタリングを利用する際には、優良ファクタリング会社かどうかの確認を必ず行いましょう。

悪質ファクタリング会社の多くは「闇金」

「給与を受け取る権利」を買い取るという名目で実際には融資を行う「給与ファクタリング」に対して、金融庁は注意喚起を行っています。このような業務は貸金業に当たると判断されますが多くは無登録であり、いわゆる「闇金」であることが大半です。闇金が危険な存在であることは多くの方が理解されているはずですが、悪質ファクタリング会社を利用するということは大きな危険を背負うことになるかも知れないのです。

優良ファクタリング会社の条件

「できることなら優良ファクタリング会社を利用したい」と思う方も多いのではないでしょうか。悪質ファクタリング会社も存在するファクタリング業界ですが、優良ファクタリング会社には一定の条件があります。以下の条件は、優良ファクタリング会社の判断材料になりますので、利用時には確認してみてください。
・手数料が相場の範囲内で不透明な手数料請求がない
・対応が丁寧かつ迅速である
・ノンリコース契約、一括返還である
・豊富な取引実績がある
・会社の住所や電話番号などの情報が開示されている

優良ファクタリング会社の場合、当然のことながら、安心安全な取引が可能です。妥当な手数料設定(2社間:10~30%、3社間10%未満)をしており、資金繰り悪化につながるような不当な請求をしてくることはありません。ノンリコース契約かつ一括返還の原則に則って取引を行うため、弁済の心配もありませんし、利息や長期的な返済が発生することもないでしょう。優良ファクタリング会社であれば、過去の取引実績も豊富であり、培ったノウハウを元に丁寧かつ迅速な対応をしてくれるはずです。これらの条件に当てはまらない場合は、優良ファクタリング会社とは判断しづらく、利用することで資金繰り悪化につながる可能性も否定できません。利用時には、上記の条件をよく確認し、優良ファクタリング会社かどうか、判断するようにしましょう。

優良ファクタリング会社と出会う方法

「悪質ファクタリング会社」が存在していることを知ってしまうと、ファクタリングの利用に関して躊躇いや恐怖心が芽生えてしまうかも知れません。しかし悪質な業者はファクタリングに対して理解があまり無い企業をターゲットとしています。そのため、正しくファクタリングに対しての理解があれば、優良ファクタリング会社なのか悪質ファクタリング会社なのかの見極めは決して難しくはありません。ここからは悪質な業者を見抜き、優良ファクタリング会社と出会うためのポイントを解説していきます。

公式サイトをしっかりとチェックする

まず利用を検討しているファクタリング会社の公式サイトをしっかりとチェックしましょう。悪質なファクタリング会社のサイトは必要な情報が記載されていなかったり、明らかな嘘が書かれていたりすることが多く、サイトをチェックするだけでも見抜ける可能性は低くはありません。

企業情報に不審な点はないか?

企業情報や会社概要が全く記載されていない場合は優良ファクタリング会社とは言えません。また電話番号が090や080から始まるような携帯電話の番号の場合も注意してください。さらに住所も架空の場所でないかを確認してみることをおすすめします。インターネットで住所を入力するだけで目的地の地図などを表示することが可能ですから、それほど手間はかからないはずです。その他にも企業情報に不審な点があれば、利用の決断は慎重に行うべきとなります。

手数料は妥当か?不当な費用は取られないか?

ほとんどのファクタリング会社では「○%から」のように手数料の参考となる数値が記載されています。手数料は売掛金の未回収リスクの影響を大きく受けますので上限が記載されていることは多くはありませんが、手数料に関する情報が全くない場合には注意が必要です。また見積もり段階で手数料以外に不明な費用を求めてきたのであれば説明を求め、納得できない場合には利用を中止しましょう。
なお、ファクタリング利用時に手数料以外で発生する費用は、出張対応の際の交通費や、債権譲渡登記の際の司法書士報酬程度です。これら以外に詳細不透明な請求をしてくる場合、優良ファクタリング会社とは言えません。手数料や諸費用の内容もしっかり確認しましょう。

ファクタリングに見せかけた「融資」ではないか?

ファクタリングは融資ではありませんので、担保や保証人は不要です。ですからサイト上にそれらの必要性が記載されていたり、手続きのどこかで求められたりする場合、それはファクタリングではなく融資と考えるべきです。また償還請求権のないノンリコースが原則ですので、売掛債権に関する保証を求められた場合も融資かも知れないと疑ってください。

なお、融資とみなされる可能性がある取引として以下が挙げられます。
・担保・保証人を要求される
・償還請求権のある契約を結ばせる
・売掛債権の一部売却が可能であり、残額は債権回収後に返還される
・売掛金の返還が分割払い可能

これらの取引が可能な場合、優良ファクタリング会社とは言えませんので、利用しないようにしてください。

問い合わせを気軽に行うことができるか?

悪質なファクタリング会社は問い合わせが行われることを歓迎しません。細かな説明をしなかったり、問い合わせに応じなかったりする場所は優良ファクタリング会社とは言えません。特にファクタリングを初めて利用する際には質問事項があって当然です。快く対応してくれないとすれば、後ろめたいことがあるのかも知れません。優良ファクタリング会社であれば、質問や問い合わせに対して快く対応してくれるはずです。ファクタリング会社の対応も、優良ファクタリング会社かの見極めの大きな鍵となるでしょう。

契約時にチェックすべきポイント

サイト上の情報や申込み段階では「優良ファクタリング会社かも」と感じていても、契約を終え資金調達が完了するまでは気を抜くべきではありません。悪質ファクタリング会社は、適当な言葉を並べて言葉巧みに騙そうとしてきます。一見「優良ファクタリング会社風」に見せることも可能なのです。しかし、いくら悪質ファクタリング会社でも、公的文章である契約書に関しては、そう簡単に偽ることはできません。つまり、契約を結ぶ場が、優良ファクタリング会社かどうかの「最終判断ができる場」と言っても過言ではないのです。契約の手続きを行う際には、細心の注意を払って手続きに挑みましょう。

契約書の控えは受け取れるか?

悪質なファクタリング会社は、契約書自体を用意しないこともあるようです。古本や古着を売るような感覚で売掛債権を売却するわけにはいきませんので、契約書が無いとなれば信用するべきではありません。また書類があっても控えが受け取れないという場合も、安心して取引を行うことはできません。
優良ファクタリング会社であれば、契約書やその控えは必ず100%用意します。悪質ファクタリング会社は「印紙代の節約」など適当な理由をつけて契約書や控えを用意しません。口頭のみで説明、もしくは控えがない状態で契約を結ばせ、署名後に内容を改ざんするという手口をよく用いるため、注意しましょう。

必要な事項は記載されているか?

契約書は文字数も多く最初から最後まで読むのは面倒に感じるかも知れません。しかし契約書に罠がしかけてあったとすれば、面倒で読まなかったでは済みません。手数料や償還請求権についてなど、契約に必要な事項が正しく記載されているかをしっかりと確認してください。
下記の内容は、優良ファクタリング会社なのか悪質ファクタリング会社なのか見抜く際に非常に重要ですので、必ず確認しましょう。
・手数料:相場の範囲内かどうか、不透明な費用が発生していないか
・償還請求権の有無:償還請求権のある契約になっていないか
・契約名:債権譲渡契約もしくは売買契約であり、貸付契約になっていないか
・返還期日:対応可能な期日になっているか、一括返還であるか
・違約金の発生条件:不当な条件ではないか、違約金の利率に妥当性はあるか
・担保・保証人の有無:担保・保証人は要求されていないか

対応に違和感はないか?

契約内容やファクタリング条件に関する質問に対する返答や、接する態度に違和感がないかも重要です。優良ファクタリング会社であれば、ひとつひとつ丁寧かつ迅速に対応してくれます。しかし、悪質ファクタリング会社の場合は、そうはいきません。契約書への署名を急かしたり、質問に対する返答が曖昧だったり、横柄な態度をとってきたりするかもしれません。対応に少しでも違和感があれば契約しない方が良いでしょう。

「買速」は優良ファクタリング会社の1つ

売掛債権買取業務を行っている企業は数多くありますが、「買速」は安心して利用していただけるファクタリング会社の1つです。ファクタリングによる資金調達を希望される企業が安心して利用できるだけの情報発信を正しく行っていますので、不安を感じずに売掛債権を現金化していただけます。

住所・電話番号など企業情報の記載アリ

・住所 東京都豊島区東池袋三丁目11-9
・電話番号 03-5953-5814

買速は「会社概要」として住所や電話番号、代表取締役の氏名、設立年月などの情報をしっかりと記載しています。グーグルマップでの本社・大阪支社の地図も記載されており、会社に関する正確な情報を得ることができます。

手数料は2%〜・その他の費用は不要

・ファクタリング手数料は「2%〜」
・手数料以外の費用は0円

買速の公式サイト上では手数料に関する情報も表示されています。さらに業界最低水準の手数料でありながらも他の費用は不要です。ですから手数料は低くとも様々な費用を請求してくるという、悪質ファクタリング会社にありがちなトラブルが発生することはありません。

問い合わせはメールでもフリーダイヤルでも受付

・「お問い合わせ」から専用フォームを使って気軽に問い合わせが行える
・フリーダイヤルも利用可能(平日9時から19時まで受付)

買速ではメールやフリーダイヤルを利用して、手軽にお問い合わせを行っていただけます。「サービスの流れ」や「よくある質問」も準備されていますので、問い合わせを行わずに疑問を解決することも可能です。

買速で満足感の高いファクタリングを!

手数料などを比較し、求める条件に合う契約が行えるファクタリング会社を探すのは容易ではありません。しかし買速は手数料を含め、多くの企業様に満足していただける条件で買取契約を行っています。満足感の高い資金調達を希望されるのであれば、ファクタリングを利用する際の候補の1つとして「買速」をご検討ください。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top