フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

即日ファクタリングは法人の資金繰りに役立つ!即日入金のための会社選びと注意点を解説!

ファクタリング

2022年6月16日

会社を経営する上で、切っても切れないのが「資金繰り」。特に法人の場合、買掛先への支払いや固定の支払い、従業員への給料の支払いなど、毎月なにかしらの支払いをしなればなりません。法人における資金繰りの逼迫は、事業継続の危機にもなりかねません。銀行融資などで資金調達できれば問題ありませんが、融資に断られてしまった場合は大変です。ファクタリングは、銀行融資に断られていても利用できる可能性が高い上、最短即日という非常にスピーディな資金調達が可能です。本稿では、法人の資金繰り改善に役立つ「ファクタリング」について、即日入金を受けるための会社の選び方と利用時の注意点を、法人の資金繰り問題と併せて解説させていただきます。

法人の資金繰り問題

法人として事業を継続していくためには「いかに資金繰りを安定させられるか」が非常に重要です。事業が軌道に乗り、収支のバランスがとれていれば問題ないかもしれません。しかし、事業拡大時や社会情勢の流れが変化した場合などには、収支のバランスが乱れることも珍しくないでしょう。
そんな法人の資金繰りの問題として、以下のようなものが挙げられます。
・融資を受けられないことも多い
・黒字倒産するリスク
・未払いや支払い遅延は買掛先との関係性に悪影響を与える
・長期的な返済は資金繰りを圧迫しかねない
・借入で得た資金には資金使途の制限がある

融資を受けられないことも多い

日本の法人格の約8割は中小企業と言われています。一般的に、資金調達方法として最もポピュラーなのは銀行融資でしょう。しかし、中小企業の場合、事業実績が少ない、経営が安定していない等の理由で、銀行融資を断られることも珍しくありません。銀行融資は、低金利で借入ができるというメリットがある反面、審査が厳しく融資実行までにも時間がかかるというデメリットも存在します。そのため、資金が必要なタイミングで、必要な金額を調達できないという法人も多いのです。実際に、ファクタリングの利用を検討している法人の5割近くが「銀行融資に断られてしまった」という問題を抱えています。

黒字倒産するリスク

法人における取引は、そのほとんどが信用取引で行われています。信用取引では、商品やサービスの提供により売上が発生してから、実際に支払いを受けるのは1~2ヶ月後になるのが一般的。つまり、売掛債権が発生してから代金を回収するまでには、タイムラグが生じることになります。売掛金の回収ができていない状態でも、買掛先への支払いや、従業員への給料の支払い、テナント代などの固定費の支払いは行わなければなりません。銀行融資を受けられれば、支払いに必要な金額を調達できますが、先にも解説した通り、融資を受けられない法人も多いのが現状。そのため、売上があるにも関わらず、手元資金の不足が原因で事業継続ができない「黒字倒産」に陥る法人も少なくないのです。

未払いや支払い遅延は買掛先との関係性に悪影響を与える

法人には、売掛金の回収までにタイムラグが生じることで、手元資金が不足しやすいという特徴があります。手元資金がなければ、買掛先への支払いを行うこともできません。売上があり、買掛金を支払うだけの収入が見込まれている状態であったとしても、買掛金の決済日までに資金を準備できなければ意味がありません。買掛先からすれば「代金を支払ってもらえなかった」という事実だけが残ります。支払い遅れや未払いが生じれば、買掛先からの信頼関係に悪影響を与えかねません。取引関係が悪化する可能性も十分あるため、できることなら回避すべきです。しかし、手元資金がない上に、資金調達の術も少ないため、回避しようにも方法がない…と悩む法人も多いのです。

長期的な返済は資金繰りを圧迫しかねない

法人が事業資金を確保するために、銀行融資やビジネスローンなどの借入サービスを利用することはよくあります。しかし、借入には必ず「利息」が発生します。銀行融資や日本政策公庫融資のように低金利で借入可能な融資もありますが、消費者金融やビジネスローンの場合、利息制限法の上限に近い高金利で契約を結ばなければなりません。銀行融資を受けられなかったからと、安易にビジネスローンなどの高金利貸付を利用してしまうと、長期的な返済で資金繰りが悪化しかねません。借入は一度で高額な資金調達ができるメリットがある一方で、毎月必ず固定金額での返済が発生するというデメリットもあります。固定費がかさむと、必ず資金繰りは圧迫しますので、借入の利用は慎重に行うべきでしょう。

貸付で得た資金には資金使途の制限がある

銀行融資を受ける際の審査では、調達した資金の使い道も審査内容に含まれます。審査時に申請した内容と異なることに資金を使用したことが知られた場合、契約違反に該当することがあります。契約違反になると、違約金が発生したり、早期返済を求められたりするでしょう。比較的審査の優しいビジネスローンにおいても、ビジネス目的以外の資金使途は認められていません。法人が貸付で資金を得た場合、その資金の自由度は高いとは言えないのが現状となっています。

ファクタリングは経済産業省が推奨している資金調達方法

法人は、資金が必要なタイミングで資金調達することが難しく、黒字倒産や買掛先との関係性が悪化する可能性と、常に隣合わせと言っても過言ではありません。借入をすることで、一時的に資金繰りを改善できるかもしれませんが、長期的な返済は新たな資金繰り問題を生み出す可能性もあります。
そんな資金繰りの課題を抱えやすい法人ですが、法人の資金繰り改善には「ファクタリング」が役立ちます。ファクタリングは、経済産業省からも推奨されている資金調達方法であり、以下の特徴を持つサービスです。
・最短即日で資金調達できる
・赤字決算・債務超過でも利用できる
・売掛金を確実に回収できる
・負債にならない
・資金使途の制限がない

最短即日で資金調達できる

ファクタリングは、最短即日で売掛債権を現金化することができます。通常、信用取引においては、売掛債権が発生してから現金として回収できるまでに、約1~2ヶ月のタイムラグが生じるのが一般的。ファクタリングであれば、最短で申込・契約をしたその日のうちに、売掛債権を現金として手にすることが可能です。急遽現金が必要になった、銀行融資の融資実行まで待つ猶予がない、など「即日で現金が必要」という場面でも、心配いりません。ファクタリングは、最短即日で資金調達できる数少ない資金調達方法であり、非常に有用です。

赤字決算・債務超過でも利用できる

ファクタリングは、利用者に赤字決算や債務超過などがあっても問題ありません。なぜなら、ファクタリングの審査では「売掛先の信用度」が重要視されるから。売掛先がきちんと売掛金を決済日までに支払えるかどうかが重要であるため、利用する法人の経営状況は関係ありません。そのため、起業して間もない法人や実績の少ない法人でも、問題なく利用できます。銀行融資を受けられない法人でも、利用できる可能性は高いと言えるでしょう。

売掛金を確実に回収できる

ファクタリングを利用すれば、売掛金を確実に回収できます。ファクタリングは、償還請求権のない契約が原則。万が一売掛先が売掛金の支払いをできなくなってしまっても、ファクタリングを利用した法人に弁済の義務は生じません。売掛債権の状態のままでは、売掛先が倒産した場合や経営が傾いた場合には、売掛金の回収ができないこともあるでしょう。しかし、ファクタリングで早期に現金化してしまえば、売掛金未回収の心配は無用となります。売掛先の経営に不安がある場合や、確実に売掛金を回収したい場合には、ファクタリングを利用するのが良いでしょう。

負債にならない

ファクタリングで調達した資金は、負債にはなりません。なぜなら、ファクタリングは「売掛債権の譲渡・買取サービス」だから。利用法人が所有している売掛債権を譲渡・売却する「売買契約」であり、貸付契約にはなりません。そのため、長期的な返済や利息が発生する心配も不要です。1回きりで取引が完了するため、長期返済による資金繰り圧迫とも無縁でしょう。

資金使途の制限がない

ファクタリングで調達した資金には、資金使途の制限がありません。買掛先への支払いに使用しても良いですし、事業拡大のための資金にしても問題ありません。資金が必要なタイミングで、自由に使える資金を調達できるのはファクタリングだけです。ファクタリングは、法人の資金繰り問題を改善するだけでなく、事業拡大など新たな道を切り開く可能性も秘めていると言っても過言ではありません。

即日入金に対応しているファクタリング会社の選び方

スタートアップや赤字決算などでも利用できる可能性が高く、法人にとってメリットが大きいファクタリング。そんなファクタリングの最大のメリットは「最短即日」という、スピード感のある資金調達ができるという点でしょう。実際、ファクタリングを利用する法人の8割近くが「即日入金」を希望するほど。しかし、ファクタリングを利用すれば必ず「即日で資金調達ができる」というわけではありません。
法人がファクタリングで即日入金を受けるためには、以下の4点に留意して、ファクタリング会社を選ぶ必要があります。
・即日入金できるのは2社間ファクタリングのみ
・クラウドファクタリングは即日入金の可能性が高い
・必要書類が少ないと審査が速い
・債権譲渡登記の留保で契約までの時間を短縮

即日入金できるのは2社間ファクタリングのみ

ファクタリングで即日入金に対応しているのは「2社間ファクタリング」だけです。ファクタリングには、売掛先企業も契約に関与する3社間ファクタリングと、利用法人とファクタリング会社だけで契約が完結する2社間ファクタリングの2つの方式があります。3社間ファクタリングの場合、売掛先企業へファクタリング利用の通知を行い、ファクタリング利用の承諾を得なければなりません。売掛先企業も関わることで、必要な手続きが増えるため、現金化するまでには最短でも3日はかかるでしょう。
対し、2社間ファクタリングは、売掛先企業が一切関与しないファクタリング方式。そのため、必要な手続きが少なく、最短即日での資金調達が可能です。即日入金を希望する場合は、必ず2社間ファクタリングを利用しましょう。

クラウドファクタリングは即日入金の可能性が高い

ファクタリングで即日入金を受けたい場合、クラウドファクタリングがおすすめです。クラウドファクタリングとは、申し込みから取引完了までのすべての手続きがオンライン上で完結するファクタリングのこと。オンライン上で手続きができるため、ファクタリング会社を訪れる時間の短縮ができます。さらに、クラウドファクタリングの審査はAIが主流。そのため、審査も最短30分~2時間程度と、審査時間の大幅な短縮が可能です。即日入金の可能性が格段に上がるため、即日入金希望の方はクラウドファクタリングを利用するのが良いでしょう。

必要書類が少ないと審査が速い

ファクタリングを利用する際には、必ず書類を用いた審査が行われます。身分証明書や請求書、通帳のコピーの提出は必須となりますが、その他の書類は、利用するファクタリング会社により異なるでしょう。商業登記簿謄本や印鑑証明書、売掛先との基本契約書、エビデンス資料、決算報告書など数多くの書類の提出が必要なファクタリング会社も存在します。必要書類が多ければ、確認作業にも相応の時間がかかるでしょう。必要書類が少なければ、それだけ審査にかかる時間の短縮が可能です。即日入金を受けられる可能性も高いと言えるでしょう。

債権譲渡登記の留保で契約までの時間を短縮

2社間ファクタリングを利用する場合、債権譲渡登記を求められることがあります。債権譲渡登記とは「売掛債権の所有権を譲渡したこと」を公的に証明するもの。つまり、債権譲渡登記をした場合、ファクタリング会社は第三者に対して「売掛債権の所有権がファクタリング会社にあること」を主張できるようになるのです。二重譲渡や売掛金の持ち逃げ防止のために、債権譲渡登記を必須としている会社も珍しくありません。ただし、債権譲渡登記を行う際には、司法書士へ登記依頼をしなければならず、時間がかかってしまいます。最悪の場合、翌日や翌々日となる場合もあるため、即日入金を希望する際には、債権譲渡登記を留保可能な会社を選ぶのが無難でしょう。

法人が即日ファクタリングを受ける際の注意点

最短即日というスピード感を持った資金調達が可能なファクタリング。非常に有用な資金調達方法ですが、法人が即日ファクタリングを受ける際には、いくつかの注意点も存在します。納得のいく資金調達を行うためにも、以下の3点には注意しましょう。
・悪質業者も存在する
・短期間での頻回利用は資金繰りを悪化する可能性がある
・確実に即日入金を受けられるわけではない

悪質業者も存在する

残念なことに、ファクタリング業界には悪質業者の存在も確認されています。悪質業者は「即日で入金する代わりに手数料を上乗せする」など、適当な理由をつけて、不要な支払いを請求してきます。ファクタリングの手数料は、クラウドファクタリングで1~20%、通常の2社間ファクタリングで10~30%が相場。この相場から逸脱している場合、悪質業者の可能性が高いため、利用しないようにしましょう。また、ファクタリング手数料以外のその他諸費用として費用を請求されることもあります。その他諸費用は、出張対応時の交通費や債権譲渡登記する場合の司法書士への報酬程度。内容が不透明な請求がないか、契約前に必ず確認することをおすすめします。

なお、悪質業者には以下の特徴があるため、利用時には気をつけましょう。
・譲渡・売買契約ではなく貸付契約
・手数料が相場範囲から逸脱している
・内容不透明な諸費用請求がある
・担保や保証人を要求される
・償還請求権がある契約を勧められる
・売掛金の返還が分割可能
・契約書の控えを準備してくれない
・消費税を請求される(ファクタリングは非課税取引)

短期間での頻回利用は資金繰りを悪化する可能性がある

ファクタリングは法人の資金繰り改善に役立ちますが、短期間での頻回利用は返って資金繰りを悪化させる可能性もあります。というのも、ファクタリングを利用する際には、必ず手数料が発生するから。ファクタリングの手数料は、売却する売掛債権の金額に対して1~30%が相場。ファクタリングを利用すれば、最短即日で現金を得られますが、手数料分確実に手元に入る金額は少なくなります。決済期日を待てば満額もらえるはずが、ファクタリングを利用することで満額はもらえなくなるため、計画的に利用するようにしましょう。

確実に即日入金を受けられるわけではない

「即日ファクタリング」を謳っているファクタリング会社でも、100%確実に即日で入金を受けられるとは限りません。即日ファクタリングを受けるためには、即日ファクタリングを受けられる会社を選び、なおかつ下記のポイントを意識する必要があるでしょう。
・午前中までには申し込みを終える
・必要書類は事前に準備しておく
・ファクタリングに有利な売掛債権(決済日が近い債権、売掛先が大手企業の債権、取引歴が長い売掛先の債権)を売却する
・利用したことのあるファクタリング会社を利用する(2回目以降の場合)

法人で即日ファクタリング希望なら買速がおすすめ

弊社「買速」は、即日ファクタリングに対応しているファクタリング会社です。比較的歴史の浅いファクタリング業界の中でも、買速は10年以上の運営歴があり、今まで数多くの法人様の資金繰り改善のお手伝いをさせていただきました。今まで培ってきた経験やノウハウをもとに、最短30分と即日での入金にお応えできる可能性も高いかと存じます。法人様で即日ファクタリングを希望されているなら、ぜひ買速の利用をご検討ください。

最短30分で指定口座へ入金

買速は、クラウドファクタリングを採用しております。必要書類は、身分証明書と請求書と取引先との取引に用いている通帳のコピーのわずか3点でご利用いただけます。書類の提出もメール送付で可能ですので、法人様の手を煩わせません。ファクタリング業界最速の最短30分で、法人様ご指定の口座へ入金させていただきますので、安心してご利用ください。

業界最安水準の手数料

買速は、業界最安水準の手数料2~10%でご利用いただけます。手数料以外の費用は一切発生しませんので、ご安心ください。また、競合他社から提示されている手数料をお伝えしていただければ、極力競合他社よりも安い手数料で対応させていただいております。乗り換えをご検討中の法人様も、ご気軽にご相談ください。

債権譲渡登記の留保可能

買速は、債権譲渡登記の留保も可能です。債権譲渡登記は、司法書士へ依頼する必要があるため、即日入金の可能性を下げかねません。買速は、法人様のニーズにお応えするべく、最短即日、最速での入金を心がけております。不要な手続きは一切ありませんので、資金調達をお急ぎの法人様もぜひご利用ください。
なお、債権譲渡登記の留保により、売掛先へファクタリングの利用が知られない、債権譲渡登記の登記費用がかからない等のメリットもございます。ご気軽にお申し付けください。

即日ファクタリングは法人の資金繰り改善に役立ちます

売掛債権を即日で現金化できる「即日ファクタリング」は、法人の資金繰り問題を解決し得ます。急な支払いが必要な場合や、買掛先への代金の支払い、従業員への給料の支払いなど、信用問題にもなりかねない重要な支払いも、ファクタリングなら問題ありません。赤字決算や債務超過、スタートアップなど、銀行融資による資金調達が難しい場合でも、ファクタリングなら即日で現金を調達できるでしょう。黒字倒産のリスクも軽減できますので、資金繰りにお困りの法人様はぜひ即日ファクタリングの利用をご検討ください。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top