フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

飲食業の資金繰りにはファクタリング!クレジットカード払いの問題も解消可能?

ファクタリング

2022年3月15日

飲食業の資金繰りには、他の業界とは違う問題点が存在しています。しかし「ファクタリング」を利用することで、その問題の多くは解消が可能です。飲食業の資金繰りに対してファクタリングが与える好影響と注意点をご紹介する本稿を一読していただき、資金繰りの改善にぜひお役立てください。

飲食業の経営者様を悩ませる資金繰りの問題点

飲食業とは、食品の「調達・加工・調理」を行いお客様に対して提供する仕事のことを指します。一般消費者を相手とすることが多い業界であり、他の業界と比較して現金がよく利用されるのも1つの特徴です。しかし飲食業には飲食業だからこその資金繰りの難しさがあり、日々資金調達に苦労されている経営者様も少なくはないはずです。

クレジットカード払いのタイムラグ

お客様からの現金による支払いが多い飲食業ですが、クレジットカード払いの割合も少なくはありません。経済産業省が2021年に行った調査でも6割近い飲食店でクレジット払いが利用可能となっており、今後も支払いに活用される機会は増加が予想されます。しかしクレジットカード払いを選択された場合には、飲食店側に入金が実行されるまで1ヶ月から3ヶ月の期間が必要となります。この期間の資金繰りは飲食業にとって、大きな負担となる可能性があります。

融資による資金調達の難易度が高い

飲食業は融資による資金調達が難しいと言われます。順調な経営が行われた状況で設備投資などの前向きな融資を希望する場合は、金融機関から見ても将来性への期待を持つことができるかも知れません。しかし経営が苦しくなった状況で運転資金の確保を目的とした融資を希望しても、一度傾いた経営を立て直すのは容易ではないと判断されてしまい審査を通過できる確率は低くなります。他の業種でも同様の考え方はされますが、特に飲食業は厳しめに見られる傾向があるようです。

天候など様々な要因が売上に大きく影響する

コロナ禍では外食産業も大きな打撃を受けていますが、飲食業は天候など様々な要因の影響を大きく受けやすい業界です。近くに新しい飲食店がオープンした時などでも、大きく売上が低下する可能性があるなど、売上が変動する要素が数多くあり資金繰りを安定させることが容易ではないのも、飲食業を経営する難しさと言えます。

運転資金の確保が容易ではない

飲食業は店舗をオープンさせるだけでも多額の費用が必要になりますが、維持費の確保も簡単ではありません。店舗の家賃や人件費などは売上が低下したとしても必要になり、容易に減らすことはできません。また時期によっては仕入費などが一時的に増加することもあるはずです。運転資金の確保は業種問わず中小企業や個人事業主にとっての難題ではありますが、飲食業はその負担が大きくなりやすいのは確かです。

飲食業はファクタリングを利用できない?

ファクタリングは個人事業主や中小企業の資金繰りに大きなメリットを与えられる資金調達方法です。しかしファクタリングの利用には「売掛債権」が必要となりますが、飲食店は消費者を相手にしており取引先企業が存在しないケースが多いため、売掛債権を活用する資金調達方法は利用できないと思われているかも知れません。しかし実際には、多くの飲食店がファクタリングを利用することが可能なのです。

「クレジットカード決済」はファクタリングで現金化可能

飲食業の中でも、クレジットカード決済に対応しているお店は年々増加しています。そして、クレジットカードによって支払われた代金は売掛債権として利用可能なのです。消費者を売掛先として考えることが可能なのかと思われるかも知れませんが、クレジットカード決済での売掛先は「クレジットカード会社」となるため、ファクタリングに利用することが可能となるのです。

ファクタリングが飲食業の資金調達に役立つ理由

クレジットカード決済による代金を含めた売掛金を、ファクタリングによって現金化するメリットは数多くあります。その中には融資では得られにくいメリットも存在しており、現状は融資に頼った資金繰りを行っているという飲食業の経営者様が、ファクタリングを利用するだけの価値が見つかるかも知れません。

支払いのタイムラグが解消できる

ファクタリングは売掛金を早期現金化する資金調達方法です。もしクレジットカード決済や他の売掛先からの支払いが実行されるまでのタイムラグが資金繰りに大きな悪影響を及ぼしているのであれば、ファクタリングを利用することで解消可能です。売掛債権の支払サイトの長さは規模の小さな企業にとっては死活問題になることがありますが、ファクタリングはその問題を解消できる数少ない資金調達方法なのです。

融資の審査通過が難しい飲食業も利用しやすい審査基準

飲食業は融資の審査通過が容易ではないのは事実です。しかしファクタリングであれば審査通過も難しくはなくなります。審査通過のハードルが高くない理由は「売掛先の信用力」を重視するファクタリングならではの審査基準にあります。極端な話ですが売掛先の信用力が保証されていれば、債権者が赤字経営に陥っていても家賃を滞納していても、資産の差し押さえが危惧されるほどの状況でなければ利用可能です。クレジットカード払いであれば売掛先はクレジットカード会社となり信用力は非常に高く、高確率で審査を通過することができるはずです。

最短即日資金化可能で資金調達スピードが早い

例えば買掛金の支払日に充分な資金が確保できていない場合などでも、ファクタリングを利用すれば素早く現金を用意し対応することが可能です。ファクタリングは資金調達を終えるまでのスピードの速さも特徴であり、売掛先に対して債権者がファクタリング会社と債権売買契約を結ぶことを通知しない2社間ファクタリングであれば、即日での債権現金化も期待できます。通知を行う場合でも数日から1週間程度での資金調達が可能であり、融資などと比較してもスピード感抜群です。

負債額を増やさず債務超過の恐れなし

ファクタリングは債権の売買契約であるため、融資とは違い負債を増やすことはありません。ですから融資に頼った資金調達で起こり得る「債務超過」を恐れる必要がないのです。また貸借対照表の肥大化などの悪影響もなく、上手く活用できれば資産のオフバランス化による自己資本比率の向上などによって企業価値を高めることも可能となります。

飲食業がファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングは飲食業の資金繰りに利用価値が高いのは確かですが、利用の前に知っておいていただきたい注意点も存在しています。理解しておけば大きなデメリットになる可能性は低い内容ばかりですが、知らずに利用した場合には、思っていたのとは違うと感じてしまうかも知れません。

手数料が発生する

融資ではなく売掛債権売却による資金調達方法であるファクタリングでは、「利息」や「保証料」などは不要であり「手数料」が必要になります。一度支払いを行うだけで済み、融資のように毎月返済に追われる心配がないのはメリットともなりますが、手数料はファクタリング会社によって大きく異なる可能性がある点には注意が必要です。利息制限法のように手数料の上限を規制する法律がないことが原因の1つではありますが、手数料が高いと感じた時には契約を踏みとどまり、他社へ申込んで比較してみるなど落ち着いて対応することが大切です。

クレジットカード会社ごとの買取になる可能性が高い

クレジットカード決済を売掛金として利用する場合、一つ一つの支払いを売掛金として扱わずに、一定期間のクレジットカード会社ごとの支払いをまとめた形で買い取ることが少なくありません。どのような方法になるかは申込を行ったファクタリング会社によって異なることが考えられますので、しっかりと確認し納得できる条件、提示された場所を選ぶようにしましょう。

開業資金の調達先としては不向き

飲食業の開業資金を調達する選択肢としては、残念ながらファクタリングは向いているとは言えません。これは決して飲食業に限定された話ではないのですが、売掛債権がないとファクタリングは利用できず、開業前の状態では売掛債権を保有している状況は考えにくいからです。売掛債権さえあれば開業直後でも利用することが可能ですので、運転資金や設備投資費の確保には充分に役立ちます。

支払い間隔が開く可能性を考慮する

ファクタリングによる資金調達は支払期日前の売掛債権を現金化していることから、ある意味で「前倒し」での資金調達と言えます。状況次第ではありますが、次の支払いを受けるまでの間隔が大きく開くことにならないかなどを考慮し、先の資金繰りも考えた上で利用することがファクタリングを活用するコツの1つとも言えます。

ファクタリングで飲食業の資金繰りは改善できる

資金繰りが難しい業種の1つである飲食業ですが、ファクタリングを利用することで状況が改善できる可能性は充分にあります。クレジットカード決済の支払いが行われるまでの資金繰りの問題や、突発的に現金が必要になった時など、様々な問題がファクタリングを利用することによって乗り越えられます。現状よりもさらにスムーズな資金繰りを求めるのであれば、ファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top