フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

(2022年最新)資金調達成功のためのファクタリング会社の選び方

ファクタリング

2022年4月22日

売掛債権を売却し資金調達を成功させるためには、ファクタリング会社選びが非常に重要となります。本稿では、ファクタリングを選んで正解だったと感じていただくために、2022年最新の「ファクタリング会社の選び方」を解説させていただきます。

ファクタリングのメリット・注意点を復習

資金調達をファクタリングによって成功させるためには、まず最新のファクタリングのメリットと注意点を理解しておく必要があります。この資金調達方法のメリットを最大限に活かすことができて、注意点によるトラブルやデメリットの発生を最小限に抑えられる場所が、資金調達成功への近道となるファクタリング会社となります。

売掛債権を早期に現金化できる(メリット)

ファクタリングとは一般的に、「期日前の売掛債権を手数料を支払うことによって現金化する資金調達方法」のことです。この中でも特に重要なのは「期日前の売掛債権」という部分です。ファクタリングは決済日前に売掛金を現金化できるのが大きな特徴であり、何よりのメリットです。決済日が遠く資金ショートを起こしてしまいそうなピンチも、ファクタリングを利用すれば運転資金を用意することが可能となります。

資金調達完了までの期間が短い(メリット)

中小企業や個人事業主にとっての資金調達の選択肢は幾つも考えられます。ですが金融機関からの融資を含め、多くの選択肢では資金調達を完了するまでに期間がかかる傾向があります。対してファクタリングは、売掛債権を現金化するまでに必要な期間が非常に短いのも特徴の1つです。最新のファクタリングサービスと言える「クラウドファクタリング」ならば、申込みから1時間を切る早さでの即日現金化も不可能ではありません。多くの場合で、即日から数日で資金調達を終えることができる早さは、ファクタリングの大きなメリットとなるはずです。

売掛先の信用力を重視する審査基準(メリット)

最新の資金調達方法とも呼ばれ売掛債権の売買契約であるファクタリングの審査は、融資とは重要視するポイントに大きな違いがあり、融資の審査に通過しにくいと言われる中小企業や個人事業主にとっても利用しやすい審査基準となっています。

ファクタリングは債権売却後に売掛先から支払いが行なわれることで、取引の全てを完了することになります。審査では売掛先が支払いを実行できる確率(信用力)が問われることになり、ファクタリングによる資金調達を希望する企業の経営状況や負債額などは審査にあまり影響しません。つまり取引先が信用できる会社であれば、高確率でファクタリングは利用できるということになります。

貸し倒れのリスク回避効果(メリット)

売掛債権を利用した取引(掛取引)には、「貸し倒れ」という大きなリスクが存在しています。決済日までの資金繰りは問題なくとも、支払いが行なわれない状況になってしまっては多くの企業の資金繰りに問題が生じるはずです。しかしファクタリングは債権売却後に売掛先が倒産してしまい支払い能力を失ったとしても、ファクタリング会社から債権の買い戻しや買取代金の返金などが求められない「ノンリコース(償還請求権なし)」が原則であり、貸し倒れのリスクを回避する効果も得られるのです。

決算書の内容改善にも役立つ(メリット)

自己資本比率や総資産利益率などは、決算書の内容に大きな影響を与える要素です。ファクタリングはうまく活用することで「資産のオフバランス化」の効果が得られ、自己資本比率などの改善が行えます。これらの数値が向上した結果として決算書の内容も改善でき、企業としての価値を高めることが可能となります。最新の決算書の内容が改善できれば、中小企業や個人事業主が融資を受けられる確率もアップするはずです。

手数料を制限する法律がない(注意点)

売掛債権を売却する際には、債権の額面から手数料や諸費用を引かれた額を受け取ることになります。特に手数料は引かれる額としての割合が大きくなる可能性があり注意が必要ですが、ファクタリングの手数料を制限する法律は存在していません。融資であれば利息制限法によって金利の上限が指定されていますが、ファクタリング手数料は高額であっても違法とは言い切れないことから、「手数料の妥当性」を判断する必要があります。

売掛先との関係性へ配慮が必要(注意点)

ファクタリングは債権売却を売掛先に対して通知するかどうかが選択でき、通知する場合の契約は「3社間ファクタリング」と呼ばれ、通知しない場合は「2社間ファクタリング」と呼ばれます。3社間ファクタリングには手数料の低さ・審査通過のしやすさというメリットがありますが、利用の際には「売掛先への通知」が企業同士の関係性へ悪影響を及ぼさない状況であることが大切です。ファクタリングそのものは金融庁も「資金調達の一手段」と認めており違法性はありませんが、売掛先の理解がない場合は通知が不要な2社間ファクタリングをおすすめします。

悪質ファクタリング会社の存在(注意点)

金融庁は「ファクタリングに関する注意喚起」を行っており、悪質なファクタリング会社の存在を訴えかけています。注意喚起の主な内容は個人が給与を受け取る権利を利用した「給与ファクタリング」の違法性についてですが、ヤミ金融が関係し一般的なファクタリングには該当しない、「融資と判断される内容」で契約を求める悪質業者に関しても注意を促しています。

ファクタリングによる資金調達成功へ繋がる9つのポイント

売掛債権を安全に売却しスムーズな資金調達を成功させるためには、ファクタリングのメリットを最大限に活かし、注意点を解消できるファクタリング会社と出会うことが重要です。そのためには、これからご紹介する9つのポイントをより多く押さえた場所を探すことが、資金調達成功への最新で最短の近道となるはずです。

利用対象に関する制限が少ない

ファクタリングによる資金調達を成功させるためには「利用対象」に含まれなくては始まりません。売掛債権を保有していることが必須条件ではありますが、ファクタリング会社によっては「創業一年以上」や「法人のみ」という制限を設けていることがあります。銀行系のファクタリング会社は利用対象の制限が厳し目であることが少なくなく、特に利用時には注意が必要です。弊社「買速」は個人事業主も利用可能であり、特に制限はありません。

買取可能な債権額の幅が広い

各ファクタリング会社では買取可能な債権の額が定められていることが多く、少額債権や高額債権は申込先によって買取りが行なわれない可能性があります。これはファクタリング会社の規模だけで判断することはできず、ホームページなどをチェックする必要があります。「買速」では「10万円〜1億円」という幅広い額の債権買取に対応可能であり、安心して利用していただけます。

即日債権現金化に対応できる

特に資金調達をお急ぎでない場合は、「即日債権現金化」に対応できる必要はないかも知れません。しかし即日買取に対応できるファクタリング会社は、対応が素早いということでありスムーズな手続きが期待できます。また後々に急ぎで資金調達を行いたい場面が発生した時に備えてファクタリング会社を選び、さらに利用しておくことで、いざという時に手続きに戸惑うことなく最短での債権現金化ができるようになるはずです。もちろん「買速」は即日債権現金化に対応できるファクタリング会社です。

土日対応や出張対応が可能

「土日対応」となっているファクタリング会社を選ぶことで、いつでも申込みなどが行なえるようになります。また「出張対応」が可能な場所であれば、全国どこからでも申込みを行い対面での手続きを希望することができるはずです。平日しか利用しない、オンライン対応が可能であれば出張対応は不要とお考えになるかも知れませんが、将来的なことを考えた上で判断されることが大切です。

オンライン手続きの利便性が高い

最新のファクタリングでは、多くの場所でオンラインでの申込みが可能となっています。さらには書類の提出もメール添付などで可能であったり、電子契約によって契約手続きまでオンラインで可能であったりするファクタリング会社も増えています。申込みから契約までがWeb上で完結できる最新のサービスは「クラウドファクタリング」などと呼ばれており、手間を減らし資金調達スピードを高めることができます。弊社もクラウドファクタリング対応可能となっており、急ぎの資金調達などに活用していただいております。

「償還請求権なし」で契約ができる

弊社に限らず金融機関に該当しない独立系と呼ばれるファクタリング会社では、「償還請求権なし(ノンリコース)」で契約が行えます。償還請求権なしとなっていれば、債権売却が完了した後は売掛先の倒産などのリスクを考慮する必要がなくなります。掛取引における大きなリスクを回避するためにも、「償還請求権なし」または「ノンリコース」などの条件が契約内容に含まれているかをご確認ください。

手数料・諸費用などの情報を公開している

ファクタリングの利用に手数料が必要なのは致し方ないことですが、その手数料や諸費用に関する情報をある程度公開している場所をご利用ください。すでに解説させていただいている通り、ファクタリング手数料は法的な制限がありません。利用者側は手数料が妥当な額であり、不透明な諸費用が請求されていないかを判断する必要があります。もし諸費用の明細がなかったり明らかに高額な手数料が請求されたりした場合は、利用すべきではありません。手数料の判断には複数のファクタリング会社への相見積もりが効果的です。

2社間ファクタリングが利用できる

売掛先へとの関係性を考慮して、債権売却の通知を行わずにファクタリングを利用したいとお考えであれば、「2社間ファクタリング」に対応できるファクタリング会社をお選びください。銀行系ファクタリング会社では3社間ファクタリングのみとなっていることも多く、2社間に対応できる場所の多い、弊社「買速」も含めた独立系のファクタリング会社がおすすめです。

運営実績が十分にある

ファクタリング会社に関する最新情報を集めていただいた際には、ここ数年にできたばかりの運営実績の乏しいファクタリング会社が多く見つかるかも知れません。2020年の民法改正によってファクタリングを利用するハードルが下がり利用される企業も増加したことでファクタリング会社の数も増えましたが、安心安全に利用するには運営実績が十分にある場所を選ぶことが大切です。「買速」は運営歴が10年以上あり買取実績も5,000件以上と、その条件を満たすファクタリング会社と自負しております。

資金調達成功の鍵は「ファクタリング会社選び」にあります

ファクタリングによる資金調達の成功には売却する売掛債権の条件(売掛先の信用力・決済日までの残り日数・債権の額)なども重要ですが、何より重要なポイントが「ファクタリング会社選び」であることは間違いありません。同じ場所の利用を続けることで、さらに好条件での買取りが期待できるようにもなります。どこでも同じと考えず、できる限り最新の情報を手に入れ、頼りになるファクタリング会社を見つけることが大切です。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top