フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

アパレル業の資金調達にファクタリングが与える好影響と注意点

ファクタリング

2022年2月17日

「アパレル業」と一括にしていても、実際には製造・卸し・小売と様々な業種が含まれています。しかしアパレル業界全体を通して、「素早い資金調達」がスムーズな経営の鍵を握っているという共通点があります。そんな素早い資金調達を可能とするのが「ファクタリング」です。本稿ではアパレル業の資金繰りの問題点から、ファクタリングを利用することで得られるメリットと注意点などを解説させていただきます。

アパレル業の資金繰りの問題点

アパレル業の資金繰りを難しくするキーワードは「流行」です。季節に合わせた服を制作・販売するのはもちろんですが、トレンドを予想したり作り出したりすることも求められます。その「流行」に乗ることができれば売上を大きく伸ばすチャンスが手に入りますが、当然ですが相応の資金が必要になります。タイムリーな資金調達を行えなければ、チャンスを逃すことにもなりかねず、無理をすれば資金繰りを苦しくする危険もあるのがアパレル業の資金繰りの問題点と言えます。

季節ごとの仕入れ費用の変動

季節商品の仕入れ費は、ある程度は計算することができるはずです。しかし特に冬場は原材料費が高騰しやすいことで、製造・小売・卸しの全てで運転資金が増加する傾向があります。この季節ごとの仕入れ費用の増減に対応するには、自己資金で乗り切る必要が発生するかも知れませんが、特に中小企業や個人事業主にとっては容易なことではありません。

大量の在庫を抱える必要性

アパレル業では季節やイベント時期にセールを行う企業が少なくはないはずです。その際には普段よりも多くの在庫を用意しておかなくては品切れを起こしかねません。また流行りの商品に関しても、在庫の数が売上に直結する可能性があります。多くの売上を得るために大量の在庫は必要ですが、そのための費用は資金繰りの負担となります。また在庫が予想よりも捌けなかった場合、予想を下回った売上分を補うための資金調達が必要となります。

連鎖倒産に巻き込まれる可能性が他の業界よりも高い

資金繰りが難しいのはアパレル業全体を通してです。関連する企業のどこかで資金繰りが上手く行かなくなり倒産に陥ってしまった場合は、受け取るはずだった売掛金が受け取れず自社も資金がショートし経営難に陥ってしまう可能性があります。自社は黒字であっても売掛債権の回収が滞れば黒字倒産に陥る危険も考えられ、その危険性の高さがアパレル業は他の業界と比較して高いと考えられているのです。

ファクタリングがアパレル業の資金繰りに与える好影響

アパレル業の資金繰りの問題点は、ファクタリングを利用することで解消することが可能です。なぜなら融資とは全く違う資金調達方法であるファクタリングならではの特徴が、アパレル業の資金繰りに多くの好影響を与えることができるからです。ここからは、アパレル業がファクタリングを利用することで受けられるメリットをご紹介します。この中には多くのアパレル関係の企業にとって、自社の資金繰りの悩みを解決できそうなメリットがきっと含まれているはずです。

支払日まで待たずに売掛金が回収できる

アパレル業のみならず、掛取引を行っている全ての企業にとってファクタリングを利用するメリットとなるのが、「売掛債権を早期現金化できる」という点です。支払日までの資金繰りが多くの企業にとって大きな負担となっており、資金が枯渇してしまうと黒字倒産に陥る危険が高まります。しかしファクタリングを利用することで資金ショートの危機を回避することが可能となるのです。

短期間で売掛債権を現金化することができる

計画的な仕入れを行っていたとしても緊急で仕入れを行う必要が発生したり、セールなどのために単発でバイトを雇ったりする可能性がアパレル業ではあるかも知れません。その際の費用が不足しそうであっても、ファクタリングを利用すればタイムリーな資金調達が実現できます。最短であれば即日で売掛債権を現金化することも可能であり、この素早さは融資での実現は難しく、ファクタリングならではの大きなメリットと言うことができます。

売掛先が倒産しても影響が小さくて済む

銀行など金融機関が行っているファクタリングを除けば、国内でのファクタリングには「償還請求権」がありません。償還請求権がある場合は、売掛先が倒産した際には売掛先に代わって代金の請求がされる可能性があります。しかし償還請求権なし(ノンリコース)が契約条件となっているのであれば、売掛債権の売却が完了した後は売掛先の倒産などを心配する必要がなくなります。これによって、アパレル業のリスクの1つである連鎖倒産の危険を大きく下げることができるようになります。

与信管理の情報収集に役立つ

ファクタリングの利用には審査がありますが、審査の中心となるのは「売掛先の信用力」です。信用力の高さは審査通過に直結するのはもちろんのこと、提示される手数料などの契約条件にも大きく影響します。審査では支払日までの残り日数なども影響があるものの比重は決して大きくはなく、審査結果を売掛先の与信管理に役立てることができます。信頼できるアパレル業の企業と取引を続けることで、自社の資金繰りも安定させやすくなるはずです。

負債を増やすことなく資金調達が行える

資金繰りに融資を利用しているというアパレル関係の企業も少なくはないはずですが、負債額は大きくなり過ぎると自己資本比率を下げるなどして決算書に悪影響を及ぼす危険があります。しかしファクタリングであれば資金調達に活用しても負債を増やすことはなく、貸借対照表などへの悪影響もありません。これはファクタリングが売掛債権の売買(債権譲渡)契約であるからこそであり、オフバランス化による企業評価の向上までも期待することができます。

経営状況が悪化していても利用可能

融資の審査では経営状況が大きく影響し、資金繰りが苦しくなってから申込んでも審査通過できない可能性が高くなります。これに対してファクタリングは売掛債権の売却を希望する企業の経営状況は審査にあまり影響しません。前述しているように、審査で重視されるのは支払いを実行する売掛先の信用力です。ファクタリングならば赤字や税金滞納中という、融資を受けるのが難しい企業も資金調達を成功させることが可能です。

アパレル業がファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングがアパレル業の資金繰りを強力にサポートできる資金調達方法であることは間違いありません。しかし利用する際には融資とはまた違う幾つかの注意点が存在しており、その点を理解して売掛債権の現金化を行うことが必要になります。トラブルなくファクタリングを利用するための3つの注意点をご紹介します。

売掛債権現金化後の資金繰りも意識する

ファクタリングによって売掛債権の現金化を行えば、本来受け取れるはずだった支払い期日よりも早く資金が手に入ります。この際に手数料が発生することは理解されているはずですが、ある意味では前倒しで売掛金の支払いを受けているということも意識すべきです。融資を受けるまでのつなぎ資金として利用するなど、売掛債権を現金化した後の資金繰りも考えておくことが大切です。

不良債権は売却することができない

「支払日が訪れる前の売掛債権」がファクタリングでの買取対象となる債権です。残念ながら支払日が過ぎて不良債権となってしまった場合には、買取対象となることは難しいと言わざるを得ません。またファクタリングには売掛先の倒産リスクを回避する効果が期待できますが、明らかに経営難に陥っている売掛先の債権では審査通過することは難しくなります。審査通過のチャンスを増やすために、売掛先の経営が上手くいっていないことを知りながら虚偽の情報提供をした場合、契約破棄や罪に問われる可能性もありますので、その点についてもお気をつけください。

取引先との信頼関係への影響を考慮する

資金調達に1週間程度の猶予があるのであれば、売掛先に通知を行った上で手続きを進めていく3社間ファクタリングが利用可能です。しかし手数料を引き下げ、審査通過の可能性を高める3社間ファクタリングを利用する際には、「売掛先との関係性」を慎重に判断する必要があります。ファクタリングは国も認めている資金調達方法ではありますが、もし売掛債権の売却を行ったことが売掛先との信頼関係に悪影響を及ぼす可能性があるのであれば、通知を必要としない2社間ファクタリングがおすすめです。2社間、3社間それぞれの契約方法にそれぞれ違ったメリットがありますので、特徴を理解した上で契約方法を選択しましょう。

ファクタリングはアパレル業に向いている資金調達方法です

アパレル業の資金調達に、売掛債権を期日前に素早く現金化できるファクタリングは役立ちます。資金ショートのピンチを乗り切るためや、融資までのつなぎ資金の確保先として利用するなど様々な利用方法が考えられるファクタリングが活用できれば、アパレル業の資金繰りは今よりも一層スムーズに行えるようになるはずです。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top