フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

売掛金の回収代行の手段としてファクタリングがベストな理由とは?

資金調達

2021年12月28日

取引先の経営状態が目に見えて悪化し、売掛金の支払いがなされるかを不安に感じた場合、どのように資金を回収すればいいのか悩むことになります。万が一売掛金が回収できなければ、経営に深刻な悪影響を及ぼす可能性があるからです。
そのため、取引先の状態に怪しさを感じれば、売掛金の回収代行サービスの利用を検討することもあるでしょう。
このようなときに売掛金を不良債権化させないために有効なのが、ファクタリングサービスです。
この記事では、売掛金の回収不能時に選択できる対応方法や、なぜファクタリングが売掛金の回収に有効なのかについて解説します。

売掛金の定義と回収できない場合の対処法

ここでは売掛金の定義を再度整理したうえで、回収できない際のリスクや対処方法について解説します。

売掛金とは?詳しく解説

売掛金とは、取引先に対して商品を販売した際に、将来的に受け取りできる代金のことを指します。
企業間の取引では、商品やサービスを提供するたびに現金決済を行うと、資金管理や事務作業が大幅に増えてしまいます。
そのため、代金の支払いは一定期間ごとにまとめて行うのが一般的になっており、売掛金という概念が生まれています。つまり、売掛金の存在により、取引を円滑に進め、面倒な事務作業を減らすことができるということです。
このように売掛金は、ビジネスを円滑に進める上で無くてはならない効率的な仕組みではあるのですが、回収不能になるリスクが存在するのが大きなデメリットと言えます。

売掛金を回収できない際の影響

売掛金は本来商品の引き渡しの際に受け取るべき現金を、後日にまとめて受け取るもの。いわば「ツケ」のようなものです。
取引先の経営悪化等により、資金繰りが厳しくなれば、期日の遅れや未払いに発展することも考えられるでしょう。
このように売掛金を回収できない場合、経営に深刻な影響が出る可能性が否定できません。
資金繰りの悪化が原因で、黒字倒産に追い込まれることも十分にあり得るでしょう。
そのため、売掛金を回収できるか否かは、企業にとって死活問題。回収不能になる事態はできる限り、防がなくてはなりません。

<h4>売掛金の回収が難しい可能性がある場合の対処法</h4>
とはいえ、現実的には、売掛金の回収が困難になることもあるのが現実です。
過去には遅延なく売掛金を支払いしていた取引先でも、資金繰りの悪化等が原因で支払いも遅れることがあり得ます。
支払いが確認できない場合、最初に考えるのが、自社で債権回収を行う方法でしょう。
しかし、その際には、請求書の発行や入金の確認、入金が無い場合の督促など、様々なことを行う必要が出てきます。
ただでさえ日々の業務で忙しいにもかかわらず、やることが増えてしまい、日々の業務に悪影響が出ることは間違いありません。
そのため、売掛金の回収の際には、専門の業者に依頼するのも賢明な選択肢であると言えます。
具体的には、売掛金の回収を依頼できる業者としては、ファクタリング業者や債権回収業者(サービサー)が考えられます。

ファクタリングと債権回収会社(サービサー)の違い

債権回収を依頼する際に候補に挙がる業者が、ファクタリングと債権回収業者(サービサー)の2種類です。
どちらも債権の現金化を行う業者ではありますが、いったいどのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、ファクタリングと債権回収会社(サービサー)のそれぞれの違いや特徴について解説します。

ファクタリング

ファクタリングは、支払い期日がまだ過ぎていない債権を買い取ってもらうサービス。期日前の売掛債権を買い取ってもらうことで、迅速に現金が手に入ります。
最短当日で資金調達できることもあるため、資金繰りに困っている企業・事業主による利用も多いです。
しかし、売掛金の早期調達により回収不能に陥る前に、貸し倒れのリスクを防ぐ用途に使うことも可能です。

債権回収会社(サービサー)

ファクタリングが支払い期日前の債権を回収するのに対し、「債権回収会社(サービサー)では、支払い期日を過ぎた債権を回収する業者です。
本来、不良債権化してしまった売掛金の回収には非常に時間がかかります。しかし、サービサーは不良債権を買い取った後に取り立てを行うため、すぐに現金化できます。

売掛金の早期回収に利用するならファクタリング

売掛金の回収代行には、ファクタリングとサービサーの両方を利用できます。
現在すでに売掛金が不良債権化しているのであれば、選択肢は債権回収業者(サービサー)のみになります。
しかし、回収できるか怪しい期日前の売掛金を所有しているなら、ファクタリングを利用することをオススメします。
なぜなら、サービサーは回収不能になるリスクが高い債権を買い取ることから、買取金額が非常に安くなることが多いからです。
一方で、ファクタリングの場合は1%~20%程度の手数料はかかるものの、それ以外のコストは発生せず売掛金を回収可能です。
そのため、サービサー利用時に比べると、手元に残る資金が圧倒的に多くなりやすいのです。
またファクタリングを利用することで、貸し倒れになる前に早期に資金を回収できるというメリットもあります。
そのため、売掛金が支払い期日前であれば、最善の売掛金の回収方法であると言えるでしょう。

ファクタリングの特徴

ファクタリングは売掛金を業者に売却することで、資金調達する方法です。
融資では無く売掛債権の買取サービスのため、銀行ローンなどの審査には通りにくい、中小企業でも問題なく利用できます。
また、税金や借入の滞納がある場合でもファクタリングであれば問題無く利用でき、様々な状況において利用しやすい資金調達方法になっています。
ここからは、ファクタリングの特徴についてさらに深掘りし、メリットを3つ紹介いたします。

取引先に知られずに支払期日前の現金を回収可能

売掛金を現金化する際に、できれば取引先にそのことを知られたくないというケースは多いでしょう。
ファクタリングではそういった場合でも対応が可能です。ファクタリングには以下の2種類が存在します。

  • 3社間ファクタリング
  • 2社間ファクタリング

まず3社間ファクタリングは、メリットとしては手数料が安いことが挙げられます。しかし、ファクタリング業者と売掛先のやり取りが発生するので、必然的に取引先にファクタリングの利用が知られてしまうという、大きなデメリットも存在します。
一方、2社間ファクタリングでは、利用者とファクタリング業者の間で取引が行われます。そのため、手数料が3社間ファクタリングに比べ高くなるデメリットは存在するものの、売掛先にファクタリングの利用を知られる心配が無いのが大きなメリットと言えます。
このように、2種類のファクタリングがあるため、状況に応じて使い分けることができます。
もし、取引先にファクタリングの利用を知られたくない場合には、2社間ファクタリングを選択すればいいでしょう。

最短即日で素早い資金調達が可能

ファクタリングには、非常に素早く現金調達できるという特徴もあります。
オンラインで申し込みから審査、契約まで全て完結できる業者であれば、最短即日での現金調達が可能なことも。
必要書類が揃わないと時間がかかってしまうケースもありますが、事前に書類を準備しておけば1時間程度で入金されるケースもあります。
そのため、売掛金が回収できないのではないかという不安を即日解消し、事業を前進させることに集中できるようになるでしょう。

債権未回収のリスク回避に非常に効果的

ファクタリング契約の際には、業者は売掛金の未回収リスクも含めて債権の買取を行います。
そのため償還請求権が存在せず、取引先の資金繰りの悪化や倒産などで、売掛金が回収できない事態になった場合も安心です。
ファクタリング業者に売掛債権を売却したのちには、債権が回収できるかどうかを一切気にする必要がありません。

売掛金が焦げ付いた後でのファクタリングは難しい

ファクタリングの特徴として、支払い期日前の売掛金を回収できるというものがあります。
そのため、売掛金が焦げ付いてしまった後には、現金化できません。
そのため、ファクタリングを利用する場合には、不良債権化する前に申し込む必要があると認識しておきましょう。

早期のファクタリング利用で、売掛金の回収代行を行えます。

ファクタリングを有効活用することで、売掛金の回収代行として利用できます。入金日が来る前に債権を現金化することができるからです。
取引先に不穏な空気が漂い出し、売掛金が回収できない可能性が現実味を帯びてくれば、未回収の可能性が高まり生きた心地がしないことでしょう。
そして、実際に売掛金が貸し倒れになってしまえば、経営状態の大幅な悪化につながるのは必然です。
そこで役立つのがファクタリングサービス。
取引先企業の雲行きの怪しさを感じた時点で、ファクタリングを利用して債権を現金化してしまえば、売掛金の回収で頭を悩ませる必要が無くなるのです。
そのため、売掛金の回収代行としてファクタリング業者を利用することは、有効な選択肢であると言えます。

 

その他「資金調達」記事

 

 

 

to top