フリーダイヤル フリーダイヤル0120-160-128

受付時間 9:00-19:00(日祝除く)

email オンライン査定 >

ファクタリングコラム

ファクタリング業者の選び方・注意点

ファクタリング

2021年12月16日

ファクタリング業者とは?

はじめに、ファクタリング業者とは何かについて、基本的なところを確認しておきましょう。

ファクタリング業者について

ファクタリング(Factoring)業者とは、文字通りファクタリングを業として行っている業者のことです。ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権を第三者へ売却し、現金化する資金調達手段です。ファクタリング業者は、企業が保有する売掛債権を買取り、企業に対して資金を供給します。つまり、そうした業務を業として行っている業者がファクタリング業者です。

ファクタリング業者に登録や免許は必要?

ところで、ファクタリング業者に登録や免許は必要でしょうか。一般に、人や組織に対して金銭を貸し付ける業務を「貸金業」と呼びますが、「貸金業」を業として行うには自治体に「貸金業者」として登録する必要があります。ファクタリングも、人や組織に対して金銭を供給する点では貸金業と似ていますが、ファクタリングは貸金業ではありません。ファクタリングは貸付ではなく、あくまでも売掛債権の「買取り」だからです。よって、ファクタリング業者は、「貸金業」として登録したり免許を取得する必要はありません。

なお、金融庁は、ファクタリングについて、「ファクタリングとは、一般に、企業が取引先に対し有する売掛債権をファクタリング会社が買い取り、買い取った債権の管理・回収を自ら行う金融業務をいいます。このようなファクタリングの法定性質は、売買契約に基づく指名債権の譲渡であり、金銭の貸し借りではないので、貸金業の登録は必要ありません」と説明しています。

ファクタリングの世界はグレーな世界

ファクタリングは貸金業ではなく、業として行うには登録も免許も必要ありません。言うなれば、ファクタリングの世界は適用される法律が存在しないグレーな世界です。貸金業であれば、貸金業法により法定金利の上限が定められていますが、ファクタリングではそうした規制がまったくなく、ファクタリング業者は手数料などを自由に設定できるのです。

従って、ファクタリングを利用する側にすれば、注意をしないとファクタリング業者に好きなだけ手数料をとられてしまうリスクがあるのです。実際に、ファクタリング業者の言うままに契約を交わし、法外な手数料をとられてしまうケースが頻発しています。金融庁もホームページで、そのようなケースに注意を促しています。

「しかしながら、この「ファクタリング」とみせかけて、実際には、高金利で金銭を貸し付けている事例(具体的には、「ファクタリング」と称し、高額な手数料を差し引いて売掛債権の買取代金を支払う(貸し付ける)一方で、当該債権の管理・回収を自ら行わず、同債権の売り主をして売掛債権を回収させた後、回収した売掛金を原資として買取代金を返済させるもの)が発生しています」(金融庁ホームページより引用)

「ファクタリング契約や売掛債権売買契約において、譲受人に償還請求権や買戻請求権が付いている場合、売掛先への通知や承諾の必要がない場合や、債権の売り主が譲受人から売掛債権を回収する業務の委託を受け譲受人に支払う仕組みとなっている場合は、ファクタリングを装ったヤミ金融の可能性が高いことから、相手方業者の貸金業登録の有無を確認のうえ、手数料(又は債権額と買取額の差)が年率換算で事実上の高金利になっていないか、十分にご注意ください」(同上)

悪質な業者をどう見抜く?

では、ファクタリングを利用する側として、悪質な業者をどのようにして見抜けばいいのでしょうか。以下にポイントをまとめます。

契約書に償還請求権が設定されている

ファクタリングは、ファクタリング利用者とファクタリング業者間の債権譲渡契約をベースに行われますが、債権譲渡契約またはファクタリング契約に償還請求権が設定されている場合は注意する必要があります。償還請求権とは、売掛債権が回収不能になった場合にファクタリング業者がファクタリング利用者へ買戻しを求める権利のことです。

債権譲渡契約に償還請求権が設定されていると、仮に当該債権がデフォルトしたら、買い戻さなければならなくなります。事実上の債務保証であり、ファクタリングの原則から完全に逸脱しています。契約書に償還請求権を設定しているファクタリングは、ほぼ間違いなく悪質な業者です。

分割払いを認めている

ファクタリング利用者に分割払いを認めているファクタリング業者にも注意が必要です。なぜなら、ファクタリングは貸付ではないので、支払いは一括払いが原則です。分割払いを認めるということは、ファクタリング業者がファクタリング利用者に対して「期限の利益」を与えることになり、その時点で「貸金」になってしまうからです。当然のことながら、「貸金」を業として行うには、「貸金業」の登録が必要です。

担保や保証人を求めてくる

また、担保や保証人を求めてくるファクタリング業者にも注意する必要があります。ファクタリングは「貸金」ではなく、あくまでも売掛債権の「買取り」です。そもそも融資ではないので、担保や保証人が必要ありません。それにもかかわらず担保や保証人を求めてくるのは常軌を逸した行為です。担保や保証人を求めてくるファクタリング業者は、ほぼ間違いなく悪質な業者です。

社歴が浅く、実績がない

さらに、社歴が浅く、実績がないファクタリング業者にも注意が必要です。悪質なファクタリング業者の多くは、不法行為を行って摘発され、解散して新たに組織を立ち上げるなどを繰り返しています。中には組織の実体がないのにもかかわらず、ホームページに架空の住所を表示し、あたかも存在しているように見せかけているファクタリング業者も存在します。ファクタリングを利用する際には、ファクタリング業者の社歴と実績をしっかりと確認する必要があります。

良いファクタリング業者の選び方

では、どのような点に注意して良いファクタリング業者を見分ければいいのでしょうか。以下にポイントを挙げます。

手数料が適正である。

第一のポイントは手数料が適正であることです。一般的なファクタリングにおいては、手数料相場は2社間ファクタリングで10%から30%程度、3社間ファクタリングで1%から10%程度とされています。ファクタリング業者の手数料が、相場の範囲内であることをまずは確認しましょう。

また、多くの悪徳ファクタリング会社は、手数料以外に審査料、初期費用、事務手数料などの様々な名目で費用を請求してきます。手数料を確認する際は、手数料以外の費用も含めてトータルで確認するようにして下さい。

買取率が高い

また、買取率が高いファクタリング業者を選ぶのもポイントです。買取率はファクタリング業者によってまちまちですが、中には100%や、100%に近い買取率を謳っているファクタリング業者もあります。当然ですが、他の条件が同じであれば、買取率が高いファクタリング業者を選びましょう。

審査や振込のスピードが速い

審査や振込のスピードも確認する必要があります。ファクタリング業者によってはオンラインで申込みできるところがあれば、対面での申込しか受け付けないところもあります。また審査にかかる時間も、即日で行える業者もあれば、数日から数週間かかる業者もあります。さらに審査から振込みのスピードも、業者によって相当のバラツキがあります。当然ながら、審査や振込のスピードが速いファクタリング業者が望ましいのは言うまでもありません。

償還請求権を設定しない

また、ファクタリング業者が償還請求権を設定しないことも重要なポイントです。悪徳ファクタリング業者のほとんどが、契約書に償還請求権を設定してきます。ファクタリング契約に償還請求権が定められていると、当該債権がデフォルトしたら、買い戻さなければならなくなります。それではファクタリングをした意味がなくなってしまいます。ファクタリング業者が償還請求権を設定しないことを必ず確認して下さい。

担保や保証人を要求しない

さらに、ファクタリング業者が担保や保証人を要求しないことも確認してください。ファクタリングは「貸金」ではなく、あくまでも売掛債権の「買取り」です。そもそも必要がない担保や保証人を求めてくるのは、完全にファクタリングの業務から逸脱する行為です。

実績がある

ファクタリング業者を選ぶポイントはいくつもありますが、筆者は実績があるファクタリング業者を選ぶことが重要なポイントのひとつだと考えています。上述のように、ファクタリング業界は玉石混交で、悪徳ファクタリング業者も少なくありません。悪徳ファクタリング業者見抜く最高の方法は、ファクタリング業者の実績を確認することです。しっかりとした社歴と実績を持った、信頼できるファクタリング業者を選びましょう。

買速がおすすめの理由

ファクタリング業界は玉石混交と書きましたが、玉とすべきファクタリング業者として、筆者は買速を、自信を持っておすすめします。

手数料以外に費用がかからない

買速をおすすめする第一の理由は、手数料以外に費用がかからないからです。上述のように、多くの悪徳ファクタリング会社は、手数料以外に審査料、初期費用、事務手数料などの様々な名目で費用を請求してきます。買速では、手数料以外に費用はかからず、シンプルで安心です。

審査と振込のスピードが速い

審査と振込のスピードが速いのも買速がおすすめの理由です。審査にかかる時間は、即日で行える業者もあれば、数日から数週間かかる業者もあります。さらに審査から振込みのスピードも、業者によって相当のバラツキがあります。買速であればオンラインで申込みができ、即日審査してもらえます。振込も業界最速水準の速さで、最速で申込みから30分以内の入金が可能です。(2社間ファクタリングを利用の場合)。

資金繰り改善のアドバイスが受けられる

また、単にファクタリングを行うだけのファクタリング業者と違い、資金繰り改善のアドバイスが受けられることも買速がおすすめの理由です。これまでに培ってきた資金繰り改善のノウハウをもとに、ファクタリング利用者の資金繰り改善をアドバイスしてくれます。

審査が柔軟

審査が柔軟であるのも買速をおすすめする理由です。買速であれば赤字企業や税金滞納企業でも申込可能です。自営業者やフリーランスの方には専門チームが丁寧に対応してくれます。なお、買速の2021年9月集計時の審査通過率は92%にも達しています。

償還請求権を設定しない

契約に償還請求権を設定しない点も買速がおすすめの理由です。上述の通り、ファクタリング契約に償還請求権が定められていると、当該債権がデフォルトしたら買い戻さなければならなくなります。買速は償還請求権を設定しないので、万が一当該債権がデフォルトしても、利用者に弁済や補填する義務はありません。

豊富な実績と高い信頼性

これは筆者が買速をおすすめする最大の理由ですが、買速が豊富な実績と高い信頼性を有していることです。日本のファクタリング黎明期の2007年設立で、15年の買取り実績を誇っています。経験豊富で誠実な経営は、これまでに数多くの中小零細企業や自営業者の資金繰りを改善し、アシストしてきました。

まとめ

以上、ファクタリング業者を選ぶポイントや、注意する点などについて解説しました。繰り返しますが、ファクタリングの世界は適用される法律が存在しないグレーな世界です。ファクタリング業界も玉石混交で、文字通り玉の業者も石の業者もそれぞれ確実に存在します。ファクタリングの利用を検討される際は、良いファクタリングを確実に見分け、くれぐれも悪徳ファクタリング業者に引っかかることがないようご注意ください。

 

その他「ファクタリング」記事

 

 

 

to top